電子音楽史上、最もレアなシンセサイザーの1つが発見される

イギリスの楽器会社Digitana Electronicsが、電子音楽史上最もレアなシンセサイザーと言われているE.M.S. Synthi KB1のキーボードを発見したとFacebookに投稿した

このシンセはイギリスのエンジニアでE.M.S.の主宰者Peter Zinovieffが、プログレバンドYESのために作ったもので、製品版が世に出たことはない。

Digitana ElectronicsはFacebookの投稿でシンセについて、「46年間全く使われていない状態」と発表し、今後デモ演奏ムービーなどを作成するという。

ほとんど誰も聴いたことがないレアシンセのサウンドは一体どんなものだろうか。

 

related

1000種類以上のシンセサイザーの遊び場『The Playroom』設立のためのクラウドファンディング開始

スイスの電子音楽楽器ミュージアム『SMEM』が、シンセや楽器で遊べる公共の遊び場『The Playroom』を設立するためのクラウドファンディングを開始した。

元Nine Inch NailsのAlessandro Cortiniが自身の使用してきたシンセなどの機材一式を販売開始

Nine Inch Nailsの元メンバーでシンセサイザー奏者のAlessandro Cortiniが自身の使用してきた機材のコレクションを機材売買サイト『Reverb』で販売している。

シンセサイザーの元祖と呼ばれるMinimoog Model D再発版が一年経たずに生産中止

シンセサイザーの父と言われているロバート・モーグ博士が生み出したシンセサイザーMOOG。その伝説的名機であるMinimoog Model Dが昨年から再生産を始めて復活を遂げたのだが、早くも生産中止が発表された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。