Nao KawamuraのEP『RESCUE』が7月にリリース

SuchmosやSANABAGUN、WONKなどの作品にコーラスとして参加している、シンガーのNao Kawamuraが7月にEP『RESCUE』をリリースする。

ファーストEP『Cue』から半年の期間を経てリリースされる今作は、バンドサウンドにこだわり、サウンド・リリックもエモーショナルに更新された作品となっている。

『Cue』にも収録されたKento NAGATSUKA(from WONK)とのフィーチャリング曲”Dawn”のリミックスバージョンも収録、また本作のトレイラー映像も公開された。

Info

Nao Kawamura 「RESCUE」
NKVC-02 ¥1,600 +税 2017年7月26日発売
全5曲
LABEL:Naked Voice

1.Rescuer
2.Fading star
3.Balance
4.Can't go back
5.Dawn feat. Kento NAGATSUKA from WONK (Remix)

Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B071K5KNKG/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1497246320&sr=8-1&keywords=NAO+KAWAMURA

-twitter-
https://twitter.com/4naok

-Instagram-
https://www.instagram.com/4naok/?hl=ja

related

Nao Kawamuraが1stアルバム『Kvarda』を3月にリリースへ | 4月にはワンマンライブも

Nao KawamuraはこれまでSuchmosやWONK、SANABAGUN.などの作品やライブにコーラスとして参加しながら、昨年1月には自身名義のEP『Cue』をリリース、7月に2ndEP『RESCUE』をリリースしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。