テキサスの農場で飼育されていたアルパカが死亡 | 原因は近くで開催されていたフェスのベース音?

先月テキサスでEDM系のアーティストが多数出演するフェス、 Middlelands Music Festivalが開催されていたが、このフェスのせいで飼育していたアルパカが死亡したと、農場主からクレームが入っている。

middlelands_2017_web_lineup_web_assets_1200x800_r01
Middlelands Music Festivalのラインナップ

Tejas Alpacas農場のオーナー、Lynn Bettsさんはフェスの開催期間中に飼育していた1頭の若いアルパカが死亡したと、地元紙が明かしている。

検死の結果、このアルパカはフェスのアクトが鳴らしていた長時間にわたる、大きなベース音によるストレスが原因で死亡した可能性があるとのことだ。Bettsさんの農場はフェス会場から800メートル離れている。

アルパカの死亡の報道を受けて、フェスの主催グループの一部がクラウドファンディングサイトで、募金をつのり1週間で2000ドルが集まったという。

 

 

related

イギリスにおける音楽フェスの参加者のうち50%以上が何らかの薬物を服用していることが明らかに

先日のJuice WRLDの死によって、再び浮き彫りとなった音楽シーンにおける薬物の問題。もはや、アーティスト側のみならずリスナー側にとっても他人事ではなくなってきているが、今回衝撃の調査結果が発表された。なんとイギリスにて開催された音楽フェスの参加者のうち50%以上の人々が何らかの薬物を摂取しており、さらにその半数以上が通常よりも多くの量と種類を服用しているというのだ。

フェスと旅をテーマにしたガイドブックが発売

フェスと旅をテーマに海外の音楽フェスに特化した、今までにない新しいガイドブック『THE WORLD FESTIVAL GUIDE 世界の海外フェス完全ガイド』が4月24日発売された。

スペインで行われたフェスでラッパーが煽ったことが原因で遊歩道が崩落し300人以上が負傷

先日、FNMNLではアメリカで開催されたフェスLollapaloozaでのLil Pumpのライブが危険と判断され、予定より早く打ち切られたというニュースを取り上げた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。