注目ラッパーOMB Peezyが300 Entertainmentと契約

アラバマ州出身で現在はカリフォルニア州のサクラメントに拠点を置いている注目ラッパーのOMB Peezyが、Fetty WapやYoung Thugが所属するトップインディーレーベルの300 Entertainmentと契約を結んだと発表された。

OMB Peezyは契約を結んだと同時に、今冬にミュージックビデオが公開され話題を呼んでいた"Lay Down"と"When I Was Down"の2曲をiTunesやSpotifyでリリースした。

Peezyはアラバマ=サウス、サクラメント=ベイエリアという2つの地域の特性を生かしたクロスオーバーなサウンドを披露しており、またそのソウルフルなフロウでも若手として大きな期待を注がれている。

related

Migosが以前に所属していたレーベル300 Entがキャリア最大の障害であったと明かす

Migosの3人が過去に契約していたレーベル『300 Entertainment』を批判。これまでのキャリアで一番の障害であったとインタビューで語った。

Nef the Pharaoh、OMB Peezy、SOB x RBE | ベイエリアの次世代を担う3組のラッパー

今NBAではゴールデンステイト・ウォーリアーズがクリーブランド・キャバリアーズとNBAでのナンバー1の座を賭けて熱戦を繰り広げている。その最中ウォーリアーズの本拠地オークランド、つまりベイエリアでヒップホップがかなり勢力的な動きをしている。ベイエリアやその周辺の地域を盛り上げている3組のアーティストに、スポットを当てたい。

Spotify × FNMNLオフィシャルプレイリスト Vol.9 | Lil Yachty、Gucci Mane、OMB Peezy、Bryson Tillerなど更新

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで展開中のFNMNLによるオフィシャルプレイリスト。毎週リリースされる新譜から、FNMNL編集部がラップなどを中心にピックアップした楽曲を水曜日に更新中。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。