Frank Oceanの『blonded RADIO』最新回が放送 | A$AP Rockyとのコラボ曲もプレイ

Frank Oceanがお気に入りの楽曲と共に自身の未発表曲をプレイするラジオ番組『blonded RADIO』が昨日 Beats 1で放送された。

昨日の放送ではOutKastの"Ms Jackson"をプレイしたOceanがAndre 3000について「あなたはナンバーワンアーティストだ」と敬意を表したり、母の日ということもあり2 Pacの"Dear Mama"もプレイされた。さらに A$AP Rocky名義のOcean、Lil Uzi Vert、MigosのQuavoをフィーチャーした新曲"RAF"もプレイされた。"RAF"はトップデザイナーRaf Simonsに捧げられた1曲となっている。

『blonded RADIO』はこちらで視聴できる。

Track List

Burial, "Come Down To Us"
House of Pharaohs, "RWM (Run With Me)
Ka5sh, "I'm Depressed"
A$AP Rocky, "Lord Pretty Flacko Jodye 2 (LPFJ2)"
Frank Ocean, "Biking"
J. Hus, "Did You See"
M.T. Hadley, "Janet"
Tupac, "Dear Mama"
OutKast, "Ms Jackson"
Eykah Badu, "Hello"
Rufus & Chaka Khan, "Your Smile"
Frank Ocean, "At Your Best (You Are Love)"
The Beatles, "Rocky Raccoon"
The Beatles, "Here, There and Everywhere"
Frank Ocean, "White Ferrari"
The Flaming Lips, "Yoshimi Battles the Pink Robots, Pt 1"
Micachu, "Go" (With Tirzah)
MssingNo, "Fones"
Dam Funk, "Mirrors"
Andres, "You're Still The One"
Kuedo, "Whisper Fate"
Caribou, "Hannibal"
LCD Soundsystem, "American Dream"
Crying, "Well and Spring"
Miley Cyrus, "Rooting For My Baby"
Metronomy, "This Could Be Beautiful (It Is)"
Frank Ocean, "Nikes"
Shawty Pimp, "Kickin' Pimpin'"
Juvenile, "Ha"
A$AP Rocky f. Frank Ocean, Lil Uzi Vert, and Quavo, "RAF"
Ryuichi Sakamoto, "Merry Christmas, Mr Lawrence"

RELATED

Frank Oceanが自身の音楽制作の過程について考察

先日、GAYLETTERにて公開されたFrank Oceanのロングインタビュー。インタビューでは好きなアート作品や、趣味、恋愛など幅広いトピックについて触れられているが、その中で彼は自身の音楽制作についても語っている。

Frank Oceanの貴重なロングインタビューが公開|好きなアート作品、趣味、恋愛、制作などについて語る

アルバム『Blonde』リリース時に発行されたZINE『Boys Don’t Cry magazine』を再発し、近頃はInstagramアカウントを積極的に更新するなど様々な動きを見せているFrank Ocean。めったにインタビューに応えないことで知られる彼の貴重なロングインタビューがGayletterにて公開された。

Frank Oceanが『ザ・シンプソンズ』の作者による同性愛を描いたイラストのタトゥーを入れる

近頃はInstagramアカウントで積極的に発信を行なっているFrank Ocean。そんな彼が新たに入れたタトゥーが話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。