SouthsideがFutureのミックステープ『56 Nights』のビートは一晩で全て完成したと話す

2015年にリリースされたFutureのミックステープ『56 Nights』といえば、そのコンセプチュアルな出来映えで、その後のFutureのきっかけとなった名作だ。

10曲を収録しているミックステープのうち、8曲を手がけたのがアトランタを代表するビートメーカークルー808 MafiaのボスSouthsideだ。

そのSouthsideがこの名作について、驚くべき事実を語っている。

SouthsideはSpotifyの新企画Traffic Jamsに出演した際に、『56 Nights』のビートは全て一晩で完成したものだと明かした。

Southsideの元にFutureから「ビートが欲しい」と電話がかかってきた際に、Southsideはちょうど9曲分のビートを作り終えたところだったという。そのビートをFutureに送ったところ、それが丸々使われて『56 Nights』になったというのだ。

こういったエピソードはアメリカのヒップホップシーンでは良くある話かもしれないが、一晩で作り上げたビートが68万ダウンロードされる名作になるのだから圧巻としかいえない。

RELATED

FutureとDrakeのコラボ曲“Life Is Good”のMVが公開

先日よりコラボプロジェクトが予告されていたFutureとDrakeの二人が、コラボ曲“Life is Good”をリリース。同時にMVも公開となった。

21 SavageがFutureとYoung Thugはラップの楽曲のうち9割にクレジットされるべきだと語る

FutureとYoung Thugといえば、その独特なフロウとワードセンスを武器に今のトラップを中心とするヒップホップシーンに大きな影響を与えてきた。そんな中、両者とのコラボ経験もある21 Savageが、彼らが現在のシーンの楽曲の9割にクレジットされるべきだと語っている。

Futureの“Draco”を口ずさんだイリノイ州の高校生が停学処分に

ラップが全米チャートを席巻するようになったとはいえ、過激な言葉も多く含まれるリリックに眉をひそめる人は未だに多く存在する。今回、Futureの楽曲を口ずさんだ高校生が災難な目に遭ってしまったようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。