ピンク・フロイドのアルバム『狂気』のレコーディングで使用されたコンソールが再び現場復帰!?

ピンク・フロイドのアルバム『狂気』のレコーディングで使用され、先週オークションで2億円で落札されたレコーディングコンソールが再びレコーディングの現場に戻る可能性があることが明らかになった。

メディアVinyl Factoryが伝える所によると、オークションの主催者が「落札者の意向としてもう一度このコンソールを用いてレコーディングをしたいと考えている」と明かした。また、主催者は「他の入札者たちも同じようにレコーディングの機材としてこのコンソールを使用したいと考えていた」と入札者たちの音楽への情熱を明らかにしている。

アビーロード・スタジオのためにEMIが製造し、ピンク・フロイドのアルバム『狂気』のレコーディングでも使用されたレコーディング・コンソールEMI TG12345 MK IVは3/27にオークションにかけられ、およそ2億円で落札された。

このレコーディング・コンソールは世界に現存する2つのうちの一つ。EMIのエンジニアが1971年から1983年の間にアビーロード・スタジオのために制作。ポール・マッカートニー、ケート・ブッシュ、ジョージ・ハリソンなどのレコーディングをこれでおこなった。

related

ピンク・フロイド『狂気』のジャケットに描かれている光とプリズムのイラストを実際に再現

アマチュア・フォトグラファーが紙とプリズムと太陽光を用いて再現し、その様子を写真におさめることに成功。

約2億円で落札されたピンク・フロイドのアルバム『狂気』のレコーディングでも使用されたレコーディング・コンソール

ピンク・フロイドのアルバム『狂気』のレコーディングでも使用されたレコーディング・コンソールEMI TG12345 MK IVが先日3/27、オークションにかけられおよそ2億円で落札された。

ロンドンのバタシー発電所跡地にApple最大級のUKオフィスが2021年に移転。その完成予想動画

Appleは、2021年にUK本社をロンドン・テムズ川南岸に位置する、バタシー発電所跡地に移転することを9月下旬に発表した。その完成予想動画が公開されている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。