ind_frisのカセット・アルバム『Portfolio Vol.1』のリリースパーティーが大阪・東京で開催

名古屋で活動を開始し現在は大阪を拠点にするトラックメーカーind_frisが、2月にリリースしたカセット・アルバム『Portfolio Vol.1』のリリースパーティーが大阪と東京で開催される。

DJやトラックメーカーとして活動するind_frisは流浪のパーティー『異レギュラー』を主催、トラックメーカーとしてはVol.4RecordsやSabacan Records等からダンストラックをこれまでにリリース。

そして、自ら主宰するレーベル『Scaffolder recordings』からの第一弾として、有機的なアンビエンスと、心地良いマシーン・ビートが波打つ、70~80年代のフュージョンを感じさせる作品「Portfolio Vol.1」をカセットテープとデジタルでリリースした。

リリース後から同作は各レコードショップで売り切れが相次ぎ、多くの反響を呼んだことで、今回のリリースパーティーが企画された。

まず大阪・南堀江SocoreFactoryで4/1に開催される『FACE WAVE』は、ind_frisに加え鬼才・オオルタイチとYTAMOのユニット、ゆうきや大阪在住の音響作家 7FOなどもライブで出演。さらに伝説の味園ビルにあったクラブ鶴の間でプレイしていたSPINNUTSなどがDJプレイを披露する。

4/5に東京・幡ヶ谷のFORESTLIMITでは『めいめつ』が開催。やけのはら率いるUNKNOWN MEのメンバーとしても活動するアンビエント作家のH.TAKAHASHIがパフォーマンスを披露、さらにGuchonによるアンビエントDJセットや李ペリー、mieuxxxがDJで登場。

Info

ind_fris

FACE WAVE
4/1(土)
大阪南堀江SocoreFactory
OPEN/START 17:00 ¥2,500(incl.1Drink)
LIVE:
ゆうき(オオルタイチ×YTAMO)
7FO
ind_fris

DJ:
SPINNUTS
SHINDO

FOOD: HOPKEN

GOODS: studio SLAP
FLYER: 黒木雅巳

めいめつ

めいめつ
4/5(水)
FORESTLIMIT
OPEN/START19:00 ¥1,500

LIVE:
ind_fris
H.TAKAHASHI

DJ:
Guchon
李ペリー
mieuxxx

artwork by Ippei Matsui

related

AVYSS GAZEがリアルとバーチャルとARの技術を融合させたハイブリッドパーティー『A/V/Y/S/S MASSACRE』を開催

音楽メディア、プラットフォームのAVYSSが、新型コロナウィルスによるパンデミック以降にスタートさせた『AVYSS GAZE』。AVYSSのドネーションプロジェクトとしてスタートし、バーチャルパーティーの開催など仮想空間の可能性を探求してきた同イベントが、SUPER DOMMUNEとのコラボレーションイベントや、渋谷WWWを3DCG化して開催されたコンピレーションアルバム『S.D.S =零=』のリリースパーティーなどに続き、今年初となるパーティーを幡ヶ谷Forestlimitの看板パーティー『K/A/T/O MASSACRE』とのコラボレーションとして4月7日(水)に開催する。

ind_frisの最新作『Sick in』のリリースパーティーがWWWβで開催|ゲストにはMOODMAN、Aquarium aka 外神田deepspaceが登場

大阪を拠点に活動するind_frisが、3月に発売した初となるアナログLP作品『Sink in』を記念し、「REALGOLD」主宰の元、MOODMAN、Aquarium aka 外神田deepspaceを招聘したリリースパーティーをWWWβで開催する。

ind_frisの最新作『Sink in』から"Guitar Under Water"のミュージックビデオを公開

関西在住のアーティストind_frisが、3月に自身のレーベルscaffolder recordingsからリリースしたLP『Sink in』から、"Guitar Under Water"のミュージックビデオを公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。