Chance The Rapperが「次回作はミックステープではなくアルバムとして販売するかもしれない」と発言。Chanceがアルバムの販売を考慮に入れた理由とは?

Chance the RapperがメディアComplexのインタビューで、父親としてのChance The Rapper、グラミー賞、次期作について語った。

その中で「次回作のアルバムを販売することを考えている」というChance The Rapperファンにとっては驚きの発言が飛び出た。もちろんChance The Rapperはこれまでの3作すべてフリーのミックステープとしてリリースし、販売せずに世界的なスターになったのは周知の事実だ。その事実こそが驚きなのだが、ついにChance The Rapperはアルバムの販売を考慮に入れたと言う。

その理由として「自分の作品がチャートインしないことに我慢できない」ということをChaceは告白。現在、1枚のアルバムセールスは1500回ストリーミングとしてチャート上では換算される。だからストリーミングの回数のみで他のアーティストたちとランキングを争うChance The Rapperは相当不利な立場だ。Chance The Rapperは言う「1500回再生が1枚のアルバム販売と同じなんて不公平すぎる。1枚購入したところで1500回も再生ることはまあないだろう。チャートが全てではないが、おいおいって感じだよ」と。

フリーのミックステープでのリリースから販売に舵を切るというのは、Chance The Rapperにとって大きな方向転換になることは間違いない。もちろんダウンロードだけでNo.1を奪取したアーティストがアルバムを販売すればトップを獲ることは容易いことだろう。

Chance The Rapperは不公平なBillboardなどのチャートやグラミーの選考基準に対して意見広告を出したりもしている。

Chance The Rapperはそれはいくつかあるアイディアの一つであると言っている。次期作についてのアイディアとして、アルバム『Coloring Book』にも『Acid Rap』にも収録されていない収録曲があるというが、それらの曲のリリースを焦ってはいないようだ。

そして次のアルバムについてはまだ初期の段階であり、今は可能性を探っている。もしかしたらヴィジュアルのコンテンツ、映画や演劇などの要素が入るかもしれないとも答えている。Complexのインタビューは以下のプレイヤーから。

RELATED

様々なアルバムのアウトロだけを集めたミックステープ『The Outro Mixtape』

ロンドンのDJ/プロデューサー、Deejay Moscaが『The Outro Mixtape』をSoundcloudで公開。様々なアルバムの”Outro”というトラックだけで作ったDJミックスになっている。

注目を集めるUKラップシーンの注目株Section Boyzがミックステープ『Soundcheck』をリリース

Drake『More Life』でにわかに注目を集めているUKラップシーンから中心的グループSection Boyzがミックステープ『Soundcheck』をリリースした。

Chace The Rapperが前の彼女との間にできた娘の養育費について合意

シカゴの現地紙が、Chance The Rapperと前の彼女が2人の娘の養育費について郡裁判所で合意したと報道した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。