Flying LotusがAnderson .Paakにインタビューを行う

映画監督としてもデビューを果たしたプロデューサーのFlying Lotusが、Anderson .PaakにInterview Magazineの企画でインタビューを行った記事が公開されている。

インタビューの中でFlying LotusはAnderson .PaakがA Tribe Called QuestやSchoolboy Qなどと同じバイブスがあると絶賛、それに対し.Paakは「アーティストとして自由に境界もなく曲を作れるようにするのが理想」と語り「自分自身が好きなThom YorkeやEarl Sweatshirtのように、誰と仕事をしても自身のサウンドになるアーティストになりたい」と話す。

また.Paakがトップアーティストとして花が開く前に、サポートをしてくれたSa-RaのShafiq Husaynとの関係についてFlying Lotusから尋ねられると「僕は彼のビデオを撮っていたし、運転手もしてたアシスタントだった。彼のマリファナも巻いたし、料理も作ったよ」と、常に彼のサポートをしていたことを明かす。そしてその中で多くの音楽の知識を吸収したとも話す.Paakは2009年のHusaynのアルバム『Shafiq En' A-Free-Ka』にもバンドメンバーで参加しているという。

続けてLotusがKnxwledgeとのユニットNxWorriesがMadvillainみたいで好きだと言うと.Paakは「Knxwledgeと自分は正反対なんだ。だからうまくいく」と言い、「Knxwledgeは内向的だよ、一緒にいて楽だけど、自分の世界に入り込んじゃうんだ。だから彼のことが好きだよ」と唯一無二の世界を持っているKnxwledgeとの相性の良さを話している。

最後に今の夢を聞かれた.PaakはLotusの主宰するBrainfeederのようなレーベルなどを作りたいとも話すが、もっぱら集中しているのはthe Free Nationalsのアルバムだという。the Free Nationalsのアルバムは今年中のリリースを予定している。

 

related

Anderson .PaakがVansのグローバルミュージックアンバサダーに就任 | コラボコレクションも発表

VansがAnderson .Paakをブランド初となるグローバルミュージックアンバサダーに起用することを発表した。

Flying Lotusの最新作の収録曲"Black Balloons Reprise"のインストにオリジナルのラップを乗せるチャレンジ企画がスタート

Flying Lotusの最新作『FLAMAGRA』のリリースから1周年を記念して『Flamagra (Instrumentals)』が、先日リリースされた。

Lil Uzi Vert、Cardi B、Wiz Khalifa、Anderson .Paak、Bruno Mars、故Nipsey Hussleなどによるパフォーマンスを観ることができるバーチャルフェスが開催

ワーナー・ミュージック・グループは、WHO(世界保健機関)と国連財団が設立した「COVID-19連帯対応基金」を支援するため、初のバーチャル·ミュージック·フェスティバル『PlayOn Fest』を今週末に開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。