故ルー・リードの未公開資料などがNY公共図書館にアーカイブ

3/2は2013年に亡くなったミュージシャン、ルー・リードの誕生日だった。生誕75年を祝ってニューヨーク公共図書館はブルックリン生まれの彼のメモリアルとして、彼が残した作品やメモなどをアーカイブすることを発表した。

ルー・リードの姉妹と、パートナーでアーティストであるローリー・アンダーソンが参加した、リンカーンセンターでのプレスカンファレンスで発表された。

アーカイブの発表と共に、「ルー・リード・リスニングルーム」を作るという次なるプロジェクトも発表された。

アーカイブには書類、電子記録、写真、3600ものオーディオファイルと1300の映像記録などが含まれる。その中には未公開記録も含まれるとのこと。

New York Timesがそのアーカイブの一部を写真でシェアしている。

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。