ミックステープサイトのSpinrillaがアメリカレコード協会から訴えられる

ミックステープ投稿サイトのSpinrillaが、メジャー3レーベルの権利侵害を理由にアメリカレコード協会から訴えられていることが判明した。

ユニバーサル、SONY、ワーナーなどのレーベルの代理としてアメリカレコード協会がジョージア裁判所にSpinrillaを提訴。訴状よると、Spinrillaが21000以上の楽曲をライセンスなく数百万以上のユーザーに公開していることをレーベルや協会は問題している。

RELATED

様々なアルバムのアウトロだけを集めたミックステープ『The Outro Mixtape』

ロンドンのDJ/プロデューサー、Deejay Moscaが『The Outro Mixtape』をSoundcloudで公開。様々なアルバムの”Outro”というトラックだけで作ったDJミックスになっている。

注目を集めるUKラップシーンの注目株Section Boyzがミックステープ『Soundcheck』をリリース

Drake『More Life』でにわかに注目を集めているUKラップシーンから中心的グループSection Boyzがミックステープ『Soundcheck』をリリースした。

Chance The Rapperが「次回作はミックステープではなくアルバムとして販売するかもしれない」と発言。Chanceがアルバムの販売を考慮に入れた理由とは?

Chance The Rapperはこれまでの3作すべてフリーのミックステープとしてリリースし、販売せずに世界的なスターになったのは周知の事実だ。その事実こそが驚きなのだが、ついにChance The Rapperはアルバムの販売を考慮に入れたと言う。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。