アシッド・ハウスの黎明期を伝えるハードコアなドキュメンタリー作品『They Call It Acid』

Carl Cox、Larry Heard、Derrick Mayらが登場するアシッド・ハウスのドキュメンタリー映像の新たなトレイラーが公開された。

アシッド・ハウスのメッカ、ハシエンダのDJ Graeme ParkやA Guy Called Geraldたちが登場し、証言するドキュメンタリー『They Call It Acid』は制作に14年を費やした。文字通り愛の労作といえるだろう。そしてついにそれをお目見えする時がやってきた。

『They Call It Acid』はレイブ・カルチャーの黎明期、そしてイギリス政府の取り締まりに焦点を当てたドキュメンタリー。アシッド・ハウスの取り締まりは「アルカリ作戦」と呼ばれていたそうだ。

インタビュー・パートにはCarl Cox、Larry Heard、Derrick Mayやノエル・ギャラガーらも登場し、そのほかにレアなレイブの映像や警察の強制捜査などの映像も含まれる。

監督のGeorge Masonは10数年を制作に費やし、ほとんどは80年代に撮影された動画であるという。世界中の映画祭で上映され、英国インディペンデント・フィルム・アワードにノミネートされている。

オフィシャルサイトで公開情報などをチェック。

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。