Anderson .PaakとFlying Lotusのコラボがリリース間近か?

昨年は初来日公演も果たしたAnderson .Paakの2017年のスタートはビッグコラボからとなるのだろうか?昨日Twitterで.Paak本人がFlying Lotusとの共作曲がリリース間近と投稿した。

これはFlying Lotusがあるファンの「Flying LotusとAnderson .Paakのコラボがあったらいいのに」というツイートに対して、Flyng Lotusが「その曲は存在するよ、近々リリースする」とレスポンス。さらにそのLotusのツイートに.Paakが「まだ出すのは早いよ」とツイートを行った。

2人が認めたことで、このコラボがすでにレコーディングも終わっているのが確認された。このトラックがいつリリースされるのかがまだ不明だが、ビッグチューンになるのはすでに確定している。

RELATED

Dr. Dreの幻のアルバム『Detox』は存在するとFlying Lotusが語る

Dr. Dreが長年取り組んできたと言われており、様々な没バージョンも存在する中、まだ未リリースのアルバム『Detox』。昨年の時点でまだ制作を継続しているという一報が流れ、ファンもまだ諦めがついていない同作についてFlying Lotusが興味深い証言を語っている。

Warpの30周年を記念したPOP UPが開催 | 大竹伸朗デザインのTシャツやAphex Twin、Flying Lotusなどのアーティストグッズも販売

革新的なエレクトロニックミュージックをはじめとして、音楽史に多大な功績を刻み続けてきたUKのレーベルWarpが今年30周年を迎えた。

本日放送の『キャロル&チューズデイ』第6話でFlying LotusとThundercatによるコラボ曲が初披露

フジテレビ「+Ultra」ほかにて放送中のTVアニメ『キャロル&チューズデイ』。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。