世界屈指の人気フェス『DEKMANTEL』が日本再上陸。渋谷Contactにて開催

クリスマス・シーズン真っただ中の2016/12/23(金)・24(土)、アムステルダムが誇る世界最高峰のパーティー『DEKMANTEL FESTIVAL』が、2日間にわたって東京・渋谷のContactで開催される。

2007年にパーティーを始動して以来、レーベルの発足やフェスティバルの開催など着実に成長を続け、今や世界的な知名度を誇る存在となった『DEKMANTEL』。アムステルダムの老舗Rush Hourの助力のもとシーンに携わるようになり、卓越したプロモーターとしても活動してきた、同市を代表するコレクティヴだ。

 

そんなDEKMANTELによるパーティーが、日本初開催となった今年4月に引き続きContactで再び開催されることが決定。コレクティヴのコアメンバーであるThomas MartojoとCasper TielrooijによるDekmantel Soundsystemが、2夜にわたってパーティーをナビゲートする。

Dekmantel Soundsystem
Dekmantel Soundsystem

1日目に登場するのは、KompaktやCómemeでの活動で知られるMatias Aguayoと、Lobster ThereminやDEKMANTELからのEPがアンダーグラウンドで話題沸騰中のPalms Trax。さらに国内からは、海外著名DJを顧客に持つオンラインレコードストア Ondas を運営するDubbyや、Going GoodからのEPで話題を呼んだYoshinori Hayashiが参加。多様性に富むDEKMANTELのハウス・ディスコサイドが堪能できる一夜となりそうだ。

Matias Aguayo
Matias Aguayo
Palms Trax
Palms Trax

続く2日目は、DEKMANTELのテクノ・エクスペリメンタルサイドをフィーチャー。これまでの来日公演でフロアを陶酔へと導いてきたPeter Van Hoesenや、インダストリアルとダブステップの影響を感じさせるざらついたテクノで人気を集めるRandomerの他、国内からは、Kebko Musicを始動してエレクトロニックミュージックの新たな地平を開拓中のAkiko Kiyama、そして、アンダーグラウンドの猛者たちが集う幡ヶ谷のディープスポットforestlimitからAKIRAM ENが出演。実験性に溢れる刺激的な一夜を演出する。(Yuuki Yamane)

 

イベントINFO:

『Dekmantel supported by Heineken』

DATE:2016/12/23(fri)・24(sat)

START:22:00

TICKET:¥3,500 w/f ¥3,000 GH S members ¥2,500 Under 23 ¥2,000 Before 23:00 ¥2,000

※2日共通券は\4,000にてclubberia/Resident Advisorにて発売中

[ DAY1]

Studio:

Matias Aguayo (Cómeme | from Chile)

Palms Trax (Dekmantel | from Berlin)

Dekmantel Soundsystem (Dekmantel | from Amsterdam)

Contact:

Dubby (Ondas)

Yoshinori Hayashi (Going Good)

asyl cahier (LSI Dream)

Dj healthy

CICA

DJ Emerald (13complex | Synthesmic)

[DAY2]

Studio:

Peter Van Hoesen (Time to Express | from Berlin) - Live

Randomer (L.I.E.S. | Clone | Hemlock | from London)

Dekmantel Soundsystem (Dekmantel | from Amsterdam)

Contact:

Akiko Kiyama (Kebko Music | Nervmusic) - Live

AKIRAM EN (forestlimit)

kannabi(Katharsis)

Nao (rural | addictedloop)

DJ Yu-Ta (Response | Zipang)

Contact
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
You must be 20 and over with ID.

RELATED

スイスのチューリッヒがテクノを無形文化遺産に認定

スイス最大の都市チューリッヒがユネスコの無形文化遺産に、新たにテクノを認定すると発表した。

『Erection』全記録 | 10周年を迎えるグッドパーティーの歴史を振り返る

パーティー『Erection』が今年10周年を迎える。元々は代官山Saloonでダンスミュージックのパーティーとしてスタートした『Erection』は、10周年パーティーとして自由が丘のブロックパーティー、そしてスチャダラパー、never young beach、ZOMBIE-CHANGの3マンパー...

音楽の授業にテクノを取り入れるべきと大学教授が発表

イギリスのマンチェスター・メトロポリタン大学のPete Dale教授は、テクノなどのエレクトロニックミュージックを、学校の音楽の授業に取り入れることが、音楽教育を革命的に進化させるという意見を発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。