スティーブ・ライヒの名曲がドイツのピアニスト6人の手によって再解釈され、レコードで復活

ドイツの6人のピアニストがスティーブ・ライヒの生誕80年を記念する作品をレコードでリリースされる。

 

スティーブ・ライヒの1973年のミニマリスティックな作品"Six Pianos"が2016年ヴァージョンとしてレコードでFILM Recordingsからリリースされる。

2016年、ドイツ・ケルンのAcht Brucken Festivalで、6人のピアニストによって再解釈され演奏されたこの名曲がレコードで蘇る。

6人のピアニストがそれぞれのスタジオで録音、その音源を1つの音源にミキシング。ベルリンでBRANDT BRAUER FRICKーーー人力ミニマル・テクノグループとして活動するJan Brauerが担当。

B面にはSchwellenbachとLukas VogelがTerry Rileyの"Keyboard Study #1"を再録したものが収録される。

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。