cero荒内佑、日常とそこに流れる音楽をテーマにした初の連載『宇宙のランチ』が本日よりWebちくまでスタート!

筑摩書房の無料ウェブマガジンWebちくまで、本日正午からceroのキーボード担当荒内佑の新連載がスタートした。この連載は毎月1回、第4水曜日に更新される。

ceroでも多くの作曲、作詞を手掛ける荒内が日常とそこに流れる音楽(その他のetc)を綴るエッセイ・コラムで、これまでは音楽活動を中心に注目を集めてきた著者の初めての連載だ。

 

今後もツアーやリリースが予定されるceroの活動とは、一線を画す創作活動は、これまであまり見ることのできなかった荒内のの一面を垣間見ることができるかもしれない。

ceroの音楽の一翼を担う荒内のことばの世界をお楽しみに。

また本連載のビジュアルは、ceroのオリジナルメンバーでもあり、現在も多くのcero作品のアートワークにも関わる柳智之さんの描き下ろしのイラストを使用する。

第1回目はWebちくまのページで読むことができる。

 

 

related

ceroが新曲“Cupola”をリリース|全国ツアー『TREK』が開催決定

ceroが前作シングル“Nemesis”から約半年ぶりの新曲“Cupola”が明日3月30日(水)にリリースする。

ceroの荒内佑が初のソロ作『Śisei』のLPをリリース決定|アルバムにまつわるインタビューや特別対談・寄稿、写真・漫画作品などをまとめたパンフレット『Śisei book』が同時リリース

昨年8月にリリースされたceroの荒内佑の初ソロ作となる1stアルバム『Śisei』がLP化、2022年2月23日にリリースされる。

ceroの過去4作のアルバムがアナログ再発決定

ceroの1stアルバム『WORLD RECORD』のリリースから10年を記念して、過去にリリースした4作のオリジナルアルバムのアナログ盤の再発リリースが決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。