Flying Lotusらを輩出したLow End Theoryが10周年イベントを開催

Gaslamp Killer、Daddy Kev、DJ NobodyによってスタートしたLAのヒップホップ/ビート/ジャズ/ファンク/エクシペリメンタルシーンを牽引するパーティLow End Theoryが本日設立から10周年を迎え、LAで記念イベントを開催する。

 

Low End Theoryはエリカ・バドゥやトム・ヨークなどの大物が出演し話題を呼んだり、Odd FutureやFlying Lotusなどを将来有望な若手をフックアップし、タレントを輩出し続けている。この伝説的なイベントは、LAだけでなく日本、ニューヨーク、サンフランシスコでもサテライトパーティを行われ、昨年はLow End Theoryフェスも開催した。

Low End Theoryは毎週水曜日にロサンゼルスのクラブAirlinerで開催されている。

Low End Theory Website

via Fader

RELATED

Flying Lotusの最新作『FLAMAGRA』が5月にリリース | Anderson .Paak、Thundercat、Denzel Curry、Solangeなどが参加

コミック・ホラー長編映画『KUSO』の監督・脚本を手がけるなど、多彩な活動を繰り広げているFlying Lotusが、27曲を収録したニューアルバム『FLAMAGRA』を完成、5月にリリースとなる。 発表に合わせて自身とデヴィッド・ファースが手がけたトレーラー映像「FIRE IS COMING...

Jay-Zがプロデュース、Flying Lotusが音楽を手がけた映画『あまりにも単純化しすぎた彼女の美』が上映決定

アップリンク渋谷を拠点に開催されてきた上映シリーズ『肌蹴る光線 —あたらしい映画—』の第3弾として、ミュージックビデオ作家としても知られるテレンス・ナンス監督の映画『あまりにも単純化しすぎた彼女の美』が上映されることになった。

Flying Lotus率いるBrainfeederの10周年記念コンピレーションがリリース決定

今年設立10周年を迎えたFlying Lotus主宰レーベルBrainfeeder。怒涛のリリースラッシュや、日本でもSONIC MANIAのステージジャックやポップアップを開催するなど、様々な企画を行ったレーベルから記念コンピレーションがリリースされることになった。 36曲を収録したこのコン...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。