SpotifyがSoundCloudの買収交渉中との報道。SpotifyにとってSoundCloud買収のメリット・デメリットは?

音楽ストリーミングサービスの巨人Spotifyが配信プラットフォームの第一人者SoundCloudの買収交渉をおこなっているのがFinancial Timesの報道で判明した。

 

買収交渉が開始されたのはSoundCloudが自前のストリーミングサービスSoundCloud Goをローンチした1ヶ月後だという。

Spotifyは音楽ストリーミングサービスの最大手で現在4000万人の有料会員を抱えている。ライバルのApple Musicは現在1700万人だが、ここ数ヶ月の会員の伸び率はSpotifyがApple Musicを上回っているというレポートも出ている。

SoundCloudは音楽配信プラットフォームとして名声を誇ってきたが、会員のほとんどが無料ユーザーであり、巨額の赤字に苦しんできていた。しかし他のストリームサービスに比べて圧倒的な楽曲数をほこり、2014年末時点で1億2500万曲の楽曲数を保有している。

このためSpotifyがもしSoundCloudの買収に成功すれば、Apple MusicやTIDALなどにくらべ多くの楽曲数を保有できるようになり、ストリーミングサービス間での競争で先んじることができるようになる。

しかしSoundCloudを買収することでSpotifyにはリスクも発生するとみられている。例えば現在SoundCloudではメジャーレーベルの特定の音源などは無料ユーザーではフル視聴ではなく、45秒などの再生制限がかけられている。Spotifyはこれまでメジャーレーベルからそうした要求があってもはねつけてきたがSoundCloudを買収することで、サイトの仕様の変更を迫られる可能性がある。

Via Variety

related

国内最大規模のヒップホップフェスティバル『POP YOURS』のSpotify公式プレイリストが公開

5月21日(土)、22日(日)に幕張メッセにて初開催されるヒップホップフェスティバル『POP YOURS』の公式プレイリストがSpotifyで本日3月3日(木)に公開された。

SpotifyとO-EAST、O-WEST、 O-Crest 、O-nestがネーミングライツ契約を締結

渋谷のライブハウスO-EAST、O-WEST、 O-Crest 、O-nestがSpotifyとネーミングライツ契約を結んだ。これにより12/1からSpotify O-EAST / Spotify O-WEST / Spotify O-Crest / Spotify O-nestにそれぞれ名称変更となる。

Spotifyが日本のヒップホップにフォーカスした新たなプレイリスト『+81 Connect』を公開 | Awich、BIM、Daichi Yamamoto、KM、Leon Fanourakis、LEXなどをアンバサダーに起用

Spotifyが5年間にわたり日本のヒップホップシーンの今を切り取ってきたプレイリスト『New Era: J-Hip-Hop』をリブランディングした新しいプレイリスト『+81 Connect』を公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。