UKのプロデューサーHannah Wantsに盗作疑惑

UKのDJでプロデューサーのHannah Wantsが公開したトラック"Found The Ground"がBoddikaとJoy Oのトラック"Mercy (Boddika VIP)"に極めて似ているとオンラインで指摘され、騒動になっている。

FacebookユーザーのPatrick Nazemiがビデオで2つの曲を比較した動画を作成「同じトラックである」と結論付けた。(現在は削除されている)

Hannah Wantsの"Found The Ground"はData TransmissionのSoundCloudから公開されていたが、現在は削除されている。

このトラックは、Hannah WantsのFabriclive 89のミックスCDのリリースに合わせて、Rinseのレーベルから9月16日にリリースされる予定であった。

Facebookのコメント欄ではHannah Wantsが、そのネタ元と噂されている曲をフェスで掛けている動画のリンクが貼られている。

しかし、まだ疑惑の段階であるにも関わらず、この女性DJに対しては多くのヘイト的なコメントや返信が投げかけられており、女性のDJやプロデューサーたちからは「2016年になっても学ばないぼっちゃんたち」と、音楽シーンのセクシズムを批判する声が上がっている。

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。