Flo Ridaがイチローへの熱い想いを語る

人気ラッパーFlo RidaはSUMMER SONIC 2016に出演した際、地元マイアミの野球チームマイアミ・マーリンズの51番のユニフォームを着用していた。マーリンズの51番といえばイチローの背番号だ。なぜFlo Ridaはイチローのユニフォームを着用していたのだろうか。

 

Flo Ridaとイチローとの関係は7年前にさかのぼる。2009年イチローは打席入場テーマ曲としてFlo Ridaの"In The Ayer"と"Jump"の2曲を使用。それに感激したFlo Ridaは"Jump"の歌詞を変えたイチロー応援バージョンを制作した。

その後、シアトルでライブがあった時にセーフコフィールドへイチローを表敬訪問し直接CDを届けると、イチローは御礼に直筆サイン入りバットをFlo Ridaにプレゼントしたという。本物のイチロー選手に初めて対面したFlo Ridaは「彼は本物のサムライだ」と深く感銘を受けすっかりイチロー選手のファンになった。

そんなイチローが2015年、Flo Ridaの地元チームマイアミ・マーリンズに移籍。そして今年イチローは見事にメジャー通算3000本安打を達成。
7年来の友人であるイチロー選手に対して尊敬の念も込めて、Flo Ridaはこの来日時にユニフォームを着用した。東京・大阪と2日間、別のユニフォームを着用したフローはステージ上でも何度も「アイシテマス!イチロー!」と叫び、誇らしげに背中の「51」を披露。その様子を自身のインスタグラムでも公開している。

#ichiro #tokyo ?????

Flo Rida Officialさん(@official_flo)が投稿した写真 -

Flo Ridaはイチローについて「イチローは俺の兄弟のような存在。マーリンズの一員になってくれるのはかなり光栄なことだし、早く野球を見に行きたい。
日本に滞在している今、ライブ中も出かける時もイチローのユニフォームを着用しているんだ。イチローへの愛を表現しているのさ」とコメントもあわせて発表している。

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。