来日公演を果たしたStormzyがニューシングル”Scary"のMVを公開

グライム・コレクティヴBoys Better KnowのメンバーStormzyが自身のBeats 1 Radioの番組”#MERKY”で発表した新曲”Scary”のミュージック・ビデオを公開した。Sir Spyroがプロデュースするダークなグライムビートの上で、Stomzyは、これまでになくアグレッシブに、彼への批判に対してやり返している。

Stormzyの新曲はこれまでにないアグレッシブさ

先日来日公演の際にStormzyの路上でのフリースタイル"One Take Freestyle"を撮影したディレクターKaylum Dennisが今回のMVも担当。"Shut Up”のMVや普段のStomrzyのユニークでフレンドリーなキャラクターとは少し違うスタイルを披露している。Stomzyはリリック中で「銃を持っておれとケンカ?よく考えろよ、こっちは核兵器もってるようなもん/双方がShut Upって言うだろうけど、オレがShut Upって一言言えば、表彰もんなんだぜ」とセルフボーストを惜しげも無く披露している。

 

MV中ではアルバムを製作中ということが明らかにされ、おそらくこの曲も収録されるだろうということだ。

related

UKのクラブが新型コロナウイルス検査の迅速化とワクチン接種の拡大により再開が可能になるとの見解が示される

新型コロナウイルスのパンデミックにより、昨年以来エンターテイメント産業が大きな打撃を被っている昨今。依然として世界中のクラブが閉鎖を余儀無くされているなか、UKのクラブカルチャーにとって一筋の光明とも言えるニュースが報じられている。

COMME des GARÇONSとSWITCHによる新プロジェクト『People of the Year』がスタート | Stormzyや大坂なおみ、Patti Smith、山口一郎など選出者の作品を川久保玲がデザインしたアイテムが公開

COMME des GARÇONSとその年にめざましい活躍をした人物とコラボレーションを行うプロジェクト『People of the Year』。第一回目となる今年は創刊35周年を迎えた雑誌SWITCHがプロジェクトパートナーとして参加している。

Stormzyが今後10年間で約13億円を黒人支援の団体に寄付することを約束

今やUKを代表するアーティストの一人であるラッパーStormzy。これまで様々なチャリティ活動でも成果を上げてきた彼が、今回アメリカでのジョージ・フロイドさん殺害事件を契機とした「Black Lives Matter」運動を受けて、今後10年の間に黒人の地位向上のための団体に1000万ポンド(約13億円)の寄付を行うことを約束した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。