モダンハウスシーンの寵児、Call Superによる新作がDekmantelからドロップ!

ロンドンの名門クラブFabricが運営するレーベルHoundstoothの契約第1号アーティストで、Ondo Fudd名義でもThe Trilogy Tapesからエクスペリメンタルな楽曲で話題を集めているJoseph Richmond-SeatonによるユニットCall Superの新作『Nervous Sex Traffic』がオランダの重要レーベルDekmantelからリリースされた。

Call SuperのDekmantelからの注目作

繊細なグルーブの連なりがオーガニックに続いていくミニマルハウスチューンのタイトルトラック1とアトモスフェリックな浮遊感をもったビートが決まっているキラートラックの2どちらも最先端をいく内容に仕上がっている。

 

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。