新鋭ラッパーSarenが1stEP『A New Hope』をリリース

2002年生まれの新鋭ラッパーSarenが、自身初のEPとなる『A New Hope』をリリースした。

『A New Hope』はSarenが自身の友達や愛する人たちと過ごして来た中での感情の動きや情景を表現した作品となっている。サウンドはヒップホップが基盤でありながらも、ハイパーポップの要素を取り入れたポップな仕上がりになっている。独特な構成のトラックで友達と過ごしてきた日常を切り抜いた"Juice"や、現状の物足りなさを表現したダンスチューン"Elevation"、メロウかつエモーショナルなビートの上で過去の女性について歌う"17"などの全5曲が収録。幅広いトラックで、様々なスタイルに挑戦した一作となっている。

Info

Saren - 『A New Hope』

https://linkco.re/3vEc9cHy

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。