【特集】MURVSAKIが選ぶ「最近のお気に入りから自分にとってのクラシックス」

MURVSAKIは、KOHHが2014年にリリースしたアルバム『MONOCHROME』の収録曲"Fuck Swag"のプロデューサーとして夢幻SQUADの一員として突如シーンに登場した。2008年から活動を開始し海外のアーティスト達の作品にも関わってきた彼は、その後MURVSAKIとしての活動に切り替え、KOHHやBAD HOP、最近ではTohjiのメインプロデューサーとして彼の創作活動に深く関わっている。

モダンなラップミュージックの意匠を取り入れつつも、常に独創的な刺激があるトラックを制作してきたMURVSAKIが、今回FNMNLのために最近のお気に入りだという楽曲や自分にとってのクラシックという楽曲をチョイスしてくれた。

10/23(金)には下北沢SPREADで開催される『Local XX0 World RELOAD』にもMURVSAKIはDJで出演する。このプレイリストを聴いて、当日遊びに行ってみてはどうだろうか。

1. Plies - "Hypnotized feat. Akon"

コメント

最近周りでよくかかっていて、流されるとつい踊ってしまう。嫌いな人いなそう。

2. Fivio Foreign - "13 Going On 30"

コメント

不思議なBPMのフワフワしたDrill。デカいウーファーを積んだ車で流してみたい。

3. Kofi - "Somebody Like You"

コメント

友達のGummy Boyにこの曲を教えてもらってハマった。始まり方や、1:03からの入りとか超グッとくる。

4. Felix Snow - "Love feat. Lil Uzi Vert"

コメント

ポツポツしていて可愛いしリルウジこれに乗せれるのすごい。

5. Bad Gyal - "Fiebre"

コメント

Bad Gyalはこの時期の曲が一番良いと思う。展開も凝っていて、MVの地元っぽい感じも格好良い。

6. Arca - "Machote"

コメント

めちゃくちゃ好き。でもアルバムの中でこの曲が一番好きと言っても誰も共感してくれなそう。笑

7. Ecco2k - "Security!"

コメント

近未来 Elvstic Vibes

8. Brandy - "It’s Not Worth It"

コメント

小学生の時は、図書館で借りてきたR&Bのアルバムを部屋のサブウーファーで流すのが一番最高の時間でした。

9. iLL BLU - Magic feat. Bandokay & Double Lz"

コメント

ウワモノとフックの雰囲気がめちゃくちゃ格好いい。

10. Randy - "Sin Mucha Demora 2 feat. Arcangel & De La Ghetto"

コメント

昔レゲトンDJをやっていた時期があって、特にロマンティコな曲が好きだった。ちなみにこの曲は最近知った。笑

11. EGO-WRAPPIN’ - "曇り空"

コメント

荒井由実のカバー。気持ち良すぎるので永遠に聴いている。

12. Lykke Li - "hard rain"

コメント

アルバム『so sad so sexy』の中の最初の曲で、パッと聴いて一番好きになった。

13. Mssingno - "Fones"

コメント

waveの先駆けみたいなスタイルの人?あまり詳しくないんですが、この人の曲はGoddess vibesを感じる。

14. R. Kelly - "In The Kitchen"

コメント

自分を紹介するとき、R. Kellyは外せないです。自分のルーツでもあるし、一緒に曲作る人には聴かせまくってる。笑

Info

Local XX0 World RELOAD

2020/10/23 fri at SPREAD Shimokitazawa

OPEN/STRAT 23:00

ADV ¥1,500@RA / DOOR ¥2,000 / U23 ¥1,500

MURVSAKI

speedy lee genesis [Neoplasia]

D.J.Fulltono [BootyTune]

mu”he [FUSION / PARNASSUS]

NODA [IPR]

babyiqing b2b sudden star [ether]

artwork: sudden star & babyiqing

https://localworld.tokyo/

※会場の新型コロナウィルス感染拡大予防対策に必ず従うよう、皆様のご協力よろしくお願い致します。

related

名古屋club JB'Sで開催のイベント『DEAR GATSBY』にTohji、gummyboy、MURVSAKI、who28らが出演

名古屋club JB'Sにて開催され、これまでにも数々の新鋭アーティストを招聘してきたイベント『DEAR GATSBY』が11月29日(日)に開催される。

『Local World』がMURVSAKIやD.J.Fulltono、speedy lee genesisなどが出演しSPREADで復活開催

これまで世界各地で存在感を放つアーティストと日本のローカルアクトを招聘してきたパーティー『Local World』が、下北沢の新クラブSPREADで10/23(金)に復活開催される。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by MURVSAKI

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。