The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by MURVSAKI

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010's』。印象的な音楽作品や個人的な思い出まで、どんな出来事がチョイスされていくのかお楽しみに!

今回は大阪府出身の音楽プロデューサー/ビートメイカーで、KOHHやTohjiの楽曲を手がけるMURVSAKIが登場。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by MURVSAKI

The Weeknd

コメント

2011年頃、雑誌のbmrでDrakeが特集されていて、その中でThe Airplane Boysなど他のカナダ出身アーティストも挙げられていたので、カナダってどんなもんかと気になって色々聴いてみたら完全にThe Weekndにハマってしまいました。
トリッピーでsadなR&B、薄暗いオリエンタル的な雰囲気も最高ですが実験的で病んでいるのにすごく華やかでもあって絶対に人気が出ると確信していました。プロデューサーのillangeloやDROPXLIFEにもかなり影響を受けて今でもずっと聴いています。

2020年代はどのように過ごしたい?

僕はアーティストへの提供が多いのですが、今後はもっと本当に自分のやりたい音楽作りに集中したいと考えています。自分もアーティストでありたいです。

告知

自分名義のミニアルバムを制作中です。現在参加してくれる方を募集しています。芸術的な作品を作りたいです。
ラッパーは既に決まってしまったのでそれ以外の方、詳しくはmurvsaki@gmail.comまで。

MURVSAKI

プロフィール

大阪府出身の音楽プロデューサー/ビートメイカー。KOHH、Tohjiなどの楽曲を手掛ける。

related

TYOSiNやRalph、FUJI TRILL、MURVSAKIなども出演するイベント『BLOCK』が開催決定

暮れも押し迫る12/29(火)に渋谷clubasiaで、これまで池袋のbedなどで開催されてきたイベント『BLOCK』が開催される。

名古屋club JB'Sで開催のイベント『DEAR GATSBY』にTohji、gummyboy、MURVSAKI、who28らが出演

名古屋club JB'Sにて開催され、これまでにも数々の新鋭アーティストを招聘してきたイベント『DEAR GATSBY』が11月29日(日)に開催される。

【特集】MURVSAKIが選ぶ「最近のお気に入りから自分にとってのクラシックス」

MURVSAKIは、KOHHが2014年にリリースしたアルバム『MONOCHROME』の収録曲"Fuck Swag"のプロデューサーとして突如シーンに登場した夢幻SQUADの一員として突如シーンに登場した。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。