Tohjiがミックステープ『angel』のリリースパーティー『HYDRO』を開催 | ゆるふわギャング、Loota & mojomossomen、荒井優作、FUJI TRILL、MURVSAKIも出演

今月リリースされたTohjiの1stミックステープ『angel』のリリースパーティー『HYDRO』を、9/15(日)に東京・渋谷WWW Xで開催する。

UKのトッププロデューサーZeph Ellisのトラック提供、アートワークにロシア人アートディレクターAnton Revaの起用などワールドワイドな作品となった本作のリリースパーティーには共演に、ゆるふわギャングと『angel』にも客演で参加したLootaが韓国のラッパーmojomossomenとのコラボで出演。

またDJには『angel』でもトラック提供を行っているMURVSAKIをはじめ、荒井優作とFUJI TRILLも出演する。

Info

タイトル:「HYDRO -Tohji 1st Mixtape "angel" Release Party-」
日程:2019年9月15日(日)
会場:WWW X
時間:OPEN / START 18:00
料金:前売¥2,800 / 未成年割引チケット¥1,500 (+1drink)
※未成年割引チケットは枚数限定となります。
※未成年割引チケットは入場時受付にて年齢の確認出来る写真付きのIDをご提示下さい。
IDがない場合は差額分をお支払い頂きます。

[LIVE]
Tohji
ゆるふわギャング
Loota & mojomossomen

[DJ]
荒井優作
FUJI TRILL
MURVSAKI

[AtoZ]

チケット先行(抽選受付):8/24(土) 10:00〜8/28(水) 23:59
e+
一般発売:9/5(木) 20:00
e+ / ローソン / LINE TICKET

公演詳細:https://www-shibuya.jp/schedule/011554.php

related

【コラム】A New Form of Japanese Rap 2020|交差するラップとレイヴ

トラップのビートが一つのスタンダードとなり、メインストリームからアンダーグラウンドまでありとあらゆるシーンを席巻して何年も経つ。現行のラップミュージックのビートは大雑把に「ブーンバップ」と「トラップ」に二分されることが多いが、もちろんその大きな括りの中で様々なサブジャンルが生まれては消えることを繰り返している。

NENEの『夢太郎』 とゆるふわギャング、ヘンタイカメラ♥、YOU THE ROCK★による『GOA』がレコード化

NENEが7月にリリースしたソロとしての2nd作『夢太郎』 と、ゆるふわギャング、ヘンタイカメラ♥、YOU THE ROCK★によるEP『GOA』が揃ってアナログレコード化されることになった。 『夢太郎』はAwichやNIPPS、Ryugo Ishidaが参加し、NENEの才能が様々な方向にス...

【特集】荒井優作が選ぶ「カオスと交わる日本語ラップ」

先日Bandcampにて2015年頃に制作した音源をまとめたアルバム『近く』をリリースしたビートメイカー・プロデューサー荒井優作。独特の浮遊感と緊張感を持ち合わせたトラックで知られる彼は、同時にハードコアなヒップホップヘッズでもある。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。