Let LOOSEのPOP UPが大阪で明日から2日間限定開催

昨年秋冬より本格的に始動した新鋭のブランド Let LOOSEがゴールデンウィーク中2日間限定でPOP UPを大阪で開催することが決定した。

Let LOOSEは80年代のアメリカのカントリーサイドやダウンタウンの雰囲気、スケートボードやインディーズのユルい空気感がコンセプト。アイテムのほとんどが、デザイナーの手作業により製作されている。

 


POP UPに並ぶアイテムは、いままで通常販売をしていないLet LOOSE LOGO T-shirtや、19S/Sの新作グラフィックTなどはじめとした夏物を中心としたT-shirtを受注会形式で販売。

期間 5月1日〜2日
時間 14:00~20:00
会場 : nation by Jon Edward
住所 : 〒556-0021 大阪府大阪市浪速区幸町2丁目7−1
https://www.letloose.club

RELATED

Let LOOSEの17-18 Fall/WinterのLOOKBOOK

1994年生まれのkōsaku yasudaによるブランドLet LOOSEのファーストコレクションである17-18 Fall/WinterのLOOKBOOKが公開された。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。