ネットでのハラスメントに対抗するために『MARVEL』と『DCコミックス』がタッグ

先月末頃からネットで話題となっている#MakeMineMilkshakeというツイッターのタグ。始まりは、アメコミ会社『MARVEL』の女性編集者が投稿したツイートに対して、多くの女性差別を思わせる誹謗中傷の返信ツイートがあったこと。それに対抗する反対運動として広まったタグである。なんとその#MakeMineMilkshakeタグを使用して『MARVEL』の一番のライバルである『DCコミックス』までもが行動を起こした。

先月29日に『MARVEL』の女性編集者Heather Antosが、同僚の女性職員達とミルクシェイクを飲む画像をTwitterに投稿。するとなぜか『MARVEL』男性読者達から「女がMARVELをダメにした」「オタクのフリをしているだけ」などと多くの心無いハラスメント的な誹謗中傷のコメントがされた。

すると#MakeMineMilkshakeのタグとともにミルクシェイクの画像や絵を投稿し、この女性差別への反対運動を起こすツイッターユーザーが現れ始める。『MARVEL』編集部も全員でミルクシェイクを飲む様子を投稿し、この反対運動が一気に広まった。

そしてついに『MARVEL』の一番のライバルである、バットマンやスーパーマンなどを生み出した『DCコミックス』までもが#MakeMineMilkshakeタグをサポート。『DCコミックス』編集部の女性スタッフが集まり、全員ミルクシェイクを片手にワンダーウーマンのポーズの集合写真を「MARVELの女性たちに乾杯」と投稿。

これに対して『MARVEL』側はストローが2つ刺さったシェイクの画像で返信。仲良くシェアしようという意味ともとれる。

『MARVEL』と『DCコミックス』、アメリカの2大コミック会社は長年のライバルであり、対立関係にあるとよくいわれている。最近はお互い関わることも一切なかったために、この今回の交流にアメコミファンは歓喜。『DCコミックス』のツイッターアカウントが『MARVEL』について触れるのすら今回が初めて。ファンでなくとも、永遠のライバルが敵を倒すためにタッグを組む展開は漫画のようで熱い。

心無い誹謗中傷をした読者がいたことは残念だが、それがきっかけで誕生した#MakeMineMilkshakeのタグを見ると、多くのサポートするファンのコメントで溢れている。今回の騒動で作り手側も、ファン側もアメコミ業界全体がハラスメントを嫌う姿勢を見せ心温まるニュースとなった。

RELATED

G Herboが『アベンジャーズ / エンドゲーム』を「観てないけどオタクのための映画だろ」とディス

現在全世界で大ヒット中の『アベンジャーズ / エンドゲーム』。Marvelの「アベンジャーズ」シリーズのクライマックスとなるこの作品はヒップホップシーンでも大きな話題を呼んでいるが、そのことを気に入らない者もいるようだ。

Kendrick Lamarプロデュースの映画『ブラックパンサー』サウンドトラックにIsaiah Rashadとのコラボ曲も収録か?

マーベルの新作映画『ブラックパンサー』は、Kendrick LamarとレーベルTDEがサウンドトラックを全面プロデュース。次々とTDEメンバーを客演に向かえた曲が公開されて話題となっている。すでに公開されたSZAとJay Rockなどが参加している2つのシングル曲以外にも、まださらに他にTDEメンバーとコラボした楽曲が収録される可能性があるようだ。報道によるとIsaiah Rashadとのコラボがほぼ確実であるとのこと。

【インタビュー】マーベル・ヒーローのあり方 | マーベルの世界を創り上げてきた編集者にTJOが聞く

6/25まで東京・六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで『マーベル展 時代が創造したヒーローの世界』 が開催中だ。マーベルといえば、現在公開中の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』をはじめ、スパイダーマンやアイアンマンなど様々なヒーローを作り上げ、巨大な世界を築き上げた。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。