南アフリカのGqomシーンを追うドキュメンタリーがYoutubeで公開

GqomレーベルGqom Oh!とローマのラジオ局Crudo Voltaが協力して南アフリカ・ダーバンのGqomシーンを追うドキュメンタリーを制作し、Youtubeで公開した。

ドキュメンタリーの名前は"Woza Taxi - Gqom Secret Stash Out Of The Locations"。日本語に訳すと『Wozaのタクシー ― どこでもないGqomの隠れ家』と言ったところか。

イタリアの映像作家Tommaso CassinisがFADERでプレミア公開したこの作品は、Gqomという音楽シーンのユニークさと南アフリカ国内でアーティストたちがGqomをメジャーにしようともがく姿を追ったものである。

Gqomとは?

南アフリカの2番目に大きな都市ダーバンで生まれたローでトライバル、そしてミニマルなアフロ・ハウスの一種。90年代に流入したハウスがスローになり、ローカルなトライバル音楽と交わり、ストリクトリーで緊張感のあるビートとパーカッシブな高揚感が特徴のダンスミュージック。
Gqomはダブステップの大御所Kode9らがUKのクラブシーンでヘビープレイし、世界的なブームになりつつある。近年『Gqom Oh!』や『Gqom Oh! X Crudo Volta Mixtape』というGqomオンリーのコンピレーションが発売されるなど音楽ファンの間で話題になっている。

作品ではGqomシーンにおけるエクスタシーなどのドラッグが持つ役割、bhengaというダンススタイルなどダーバンのローカルなGqomシーンを紹介している。しかしどうしてGqomシーンにおいてタクシーが重要な場所なのだろうか?その答えはここにある。

RELATED

『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』|大麻と音楽や人種差別の歴史、そして合法化の先を描くドキュメンタリー

先日4月20日、Netflixにてドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』の配信が開始された。このドキュメンタリーはヒップホップレジェンドであるFab 5 Freddyが監督と案内人を務め、アメリカにおける大麻の過去と現在を紐解いていくものである。

伝説的なプロデューサーRick Rubinの制作プロセスにフォーカスしたドキュメンタリーが今年公開予定

伝説の音楽プロデューサーRick Rubinのドキュメンタリー番組が、アメリカのテレビ局『Showtime』で今年下旬に公開予定だそうだ。監督はオスカー賞やエミー賞などをはじめとした数々の賞を受賞しているMorgan Nevilleが務める。

人気DJ達が厳しいDJ人生の現実を語るドキュメンタリー『WHY WE DJ』

様々なDJの映像を配信する『DJSounds』が新たにDJのドキュメンタリー映像を公開。約40分のドキュメンタリーで、Seth Troxler, Pete Tongなど、メインステージで披露するよう人気DJ達が、DJ人生の現実について語った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。