アメリカの伝説的なスケーターたちによる展覧会『LOVE + GUTS』が日本で初開催中

アメリカのレジェンドスケーター達によるアートショー『LOVE + GUTS(ラブアンドガッツ)』が、昨日から東京・原宿の16(Sixteen)で開催中だ。

川崎のスケートショップGOLDFISHが毎年恒例のムービー『PARKCHECK』を公開

磯部涼の『ルポ川崎』にも登場する、川崎のスケートショップGOLDFISHが、年末に公開している恒例のセッションムービー『PARKCHECK』を公開した。

写真家でラッパーのPANORAMA FAMILYがスケートスポットで出会った仲間を追った写真展『PARANOIA SLAPPYS』を開催

写真家でラッパーとしても活動をするPANORAMA FAMILYが、今年2度目となる個展『PARANOIA SLAPPYS』を、12/4から東京・渋谷のØL TOKYOで開催する。

スケーターとZineをテーマにした展覧会『NO SHITTY ADS』が開催

80年代初頭、スケートボードのセカンドウェーブが終わりを迎え、スケートパークも次々に閉鎖され、豪華フルカラーのスケートボード雑誌も廃刊の憂き目にあっていた時代。安価な紙を用いた『Thrasher Skateboard Magazine』が創刊、Thrasher誌も読者に、自分たちでZineを作ることを奨励していった。

【対談】スケートに救われた若き写真家 ー 相澤有紀、Cho Ongo

2017年からメジャーを舞台に活動するnever young beachに2016年、1年間密着してライブ、ツアー、オフショットを撮影した写真家・相澤有紀と、diaspora skateboardsのカメラマンとして活動するCho Ongo(チョウ・オンゴウ) 。それぞれが個展をNo.12 Gall...

東京スケートカルチャーの今を作るEvisenやDiasporaが参加したスペシャルイベントがビームスTで開催

東京を拠点に活動する複数のスケートブランドによるグループ展『KICK OUT 2017 -tokyo bootleg skate tee fair- presents by BEAMS T』が、8/10からビームスT 原宿で開催される。

adidas Skateboardingのスケートパークができるまでをフィーチャーしたビデオ

adidas Skateboardingが世界12都市でSkate Copa Courtと題したイベントを開催するとアナウンス。

下高井戸の床屋BARBER SAKOTAのサインポールがモチーフのスケートデッキ&ピンズ

東京・下高井戸のハブスポットとして親しまれている床屋BARBER SAKOTAから新作のスポットアイテムが登場。今回はオリジナルのスケートデッキ&ピンズを発売する。

ナイジェリアの首都ラゴス初のスケートボードクルーWAFFLESNCREAM

ナイジェリアのラゴスはアフリカ最大の都市のひとつだ。人口は1200万人を超えている。アフリカ有数の都市ラゴス唯一のスケートボードクルーWAFFLESNCREAMをご存知だろうか。

極寒の凍土でのパフォーマンスを映したロマンティックなスケートムービー

極寒の地ノルウェーの凍土で、どのようなスケートのパフォーマンスができるのだろうか?4人のスケーターによるパフォーマンスを4Kカメラで映したムービー『Northbound』がVimeoで公開された。

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

ThrasherがForever 21に続きH&Mのロゴデザイン盗用と正当化に怒りを爆発

伝統あるスケート雑誌Thrasherとアパレルブランドとのバトル第二幕がスタートした。今度はH&Mのデザインに怒りを爆発させた。

adidas SkateboardingがNYの若きスーパースケーターTyshawn Jonesをフィーチャーしたビデオを公開

adidas SkateboardingがNYはブルックリンの若きスーパースケーターTyshawn Jonesと彼のクルーHardies Hardwareをフィーチャーした、新たなプロモーションムービーを公開している。

Thrasherがロゴを盗用したアイテムをリリースしたForever 21に激怒

Tharasher Magazineといえば創刊から30年以上経った、今でもシーンの最前線に立ち続ける、スケートカルチャーの代弁者だ。 編集長のJake Phelpsは以前あるインタビューでスケートファッションを取り入れるセレブに怒りを表明するなど、インディペンデントな姿勢を貫いてきた。 しかし現在スケーター・ファッションはトレンドになっており、中でもRihannaやJustin Bieberなどがロゴアイテムを着用したことで、Thrasherのアイテムは高い人気を集めている。 そんな状況のなかForever 21があるアイテムをリリースし波紋を呼んでいる。

TRASH TALKのメンバーが手がけるBabylon LAの不穏なスケートムービー

Babylon LAはスケートボードやハードコアパンクなどのストリートカルチャーに根ざしたサクラメントにある人気ショップだ。手がけているのは昨年来日ツアーも行ったハードコアバンドTRASH TALKのLee SpiemanとGarrett Stevenson。
もっと見る