Lil Pumpが「ウィードを吸うのをやめた」と宣言

アルバム『Harvard Dropout』も好調なLil Pump。最近はPump Universityでの講義も続けるなど精力的に活動する彼が、なんとマリファナをやめたことを宣言した。

Lil Pumpがインタビューで「Bruno MarsやLady Gagaと曲を作りたい」と語る

Adam 22による人気Podcast番組「No Jumper」から、Lil Pumpのインタビューが公開された。Lil Pumpの家を訪ね様々な質問を行なっていくなかで、彼が今後コラボレーションしたいと考えているアーティストが明らかになった。

Lil Pumpの大学「Pump University」の第2回目の授業

先日、自身の名を冠した大学“Pump University”をYouTubeの自身のチャンネルにて開校したLil Pumpが、2つ目の授業『Pump University - Episode 2』を公開した。Episode 1では、持ち前のPump節全開で“健康”について授業を行ったPumpだが、今回のEpisode 2では“成功”についての授業を行っている。

Lil Pumpが「最も無知でリッチなラッパー」を目標にしている事を明かす

先週、ハーバード大学の卒業式でのスピーチに意欲を示していたLil Pump。今年スピーチをする夢は叶わなかったが、Vultureにて次の野望を語っている。

Lil Pumpの大学「Pump University」が開校

先日、ついにデビューアルバム『Harvard Dropout』をリリースした現代のお騒がせラッパーLil Pump。直近にはハーバード大学の卒業式でのスピーチに意欲的な姿勢を見せていた彼が、ついに自身の名を冠した大学、その名も“Pump University”をYouTubeの自身のチャンネルにて開校した。

ハーバード大学が「卒業式のスピーチにLil Pumpは登壇しない」と公式に回答

先日、ニューアルバム『Harvard Dropout』をリリースしたLil Pumpがハーバード大学の卒業式に登壇しスピーチを行うことに意欲を示しているというニュースが報じられた。所属レーベルであるWarner Bros.からは彼が登壇するというプレスリリースが配布されていたが、今回ハーバード大学が公式にLil Pumpの登場を否定している。

Lil Pumpがハーバード大学の卒業式でのスピーチに意欲

先週、アルバム『Harvard Dropout』をリリースしたLil Pump。アルバムタイトルにちなんでハーバード大学に入学したと主張していた彼が、今回はハーバード大学の卒業式でスピーチを行おうとしているようだ。

Smokepurppが"Gucci Gang"は自分が書いた曲だと主張しLil Pumpが反論

フロリダの人気ラッパーLil PumpとSmokepurppといえば盟友として知られているが、その関係性に亀裂が入る出来事が起こったかもしれない。

Lil Pumpが空港で不当に拘留されたとして警察を訴える意向

本日、アルバム『Harvard Dropout』がリリースされるLil Pump。直近では「SoundCloudは俺がいるから存在している」と発言し話題を呼んだ彼が、今度は警察に対して訴訟を起こそうと計画している。

Lil Pumpが「俺がいるからSoundCloudが存在している」と主張

先日は自身を「史上最もリリカルなラッパー」であると発言するなど煽りには定評のあるLil Pumpが、またしても突拍子もない主張を行なっている。

Lil Pumpがホームレスにピザを手渡しでプレゼント

先日はGucciのブラックフェイスセーター問題に抗議し、「Gucciはサポートしないが“Gucci Gang”は歌い続ける」と宣言したLil Pump。そんな彼が、バレンタインにチャリティーを行なったことが話題となっている。

Lil Pumpがブラックフェイス問題を受けてGucciを着ないと決意するも“Gucci Gang”は歌い続けると発表

先日、Gucciから発売されたマスク付きの黒のセーターが黒人差別に用いられて着た表現「ブラックフェイス」に酷似しているとして問題になった。これを受けてSpike Lee、Soulja Boy、T.I.、50 CentなどのアーティストがGucciの不買運動を呼びかけているが、どうやらLil Pumpもそこに加わるようだ。

Lil Pumpが自身を「史上最もリリカルなラッパーだ」と主張する

Lil Pumpは現在の煽りラッパーの代名詞的存在であり、これまでも何の根拠もなしに例えば「ドラッグをやめる」などを放言を行ってきたが、またしても彼らしい煽りを繰り出してきた。

Lil Pumpが新曲の歌詞でのアジア人差別を謝罪

新曲“Butterfly Doors”の一節にアジア人を差別するようなラインがあるとして、物議を醸していたLil Pump。これを受け、Miyachiがリアクションを行い、中国のラッパー達が続々とディス曲を発表したのは記憶に新しい。

Lil Pumpによるアジア人差別発言を受けて中国のラッパーが続々とディス曲を発表

先日Lil PumpがTwitter上でプレビューした新曲“Butterfly Doors”にアジア人を差別するようなリリックと「Ching Chong」というアドリブが含まれていることが問題となっている。日系アメリカ人ラッパーのMiyachiがこの件に対してリアクションを行なったことも取り上げたが、中国からはラッパーたちによってLil Pumpのディス曲が続々と発表されている。
もっと見る