Drakeが名ミックステープ『So Far Gone』の再々リリースによってFutureとBillboardチャートで1位を獲った回数で並ぶ

Drakeのデビューミックステープ『So Far Gone』といえば、今もなお名作として語り継がれる作品の1つだが、Kanye Westのビートをサンプリングした“Say What's Real”が収録されていることもあり、権利の問題でこれまでストリーミングサービスでフルヴァージョンを聴くことは出来なかった。しかし、先日ついに『So Far Gone』のリリース10周年を記念して、各ストリーミングサービスでフルヴァージョンが配信された。そして、このリリースによってDrakeはBillboardのR&B/HipHopアルバムチャートで1位になった回数でFutureと並ぶこととなった。

Drakeが4400万円の特注iPhoneケースを作ったことが明らかに

先日のグラミー賞では“God’s Plan”で年間最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrake。名実ともにトップラッパーとなった彼は強大な財力を惜しげも無く披露することで知られているが、またしてもとんでもないお金の使い方をしたようだ。

Drakeがグラミー賞の授賞式で「賞を取らなくてもファンがいれば勝ち」と語りスピーチをカットされる

今年のグラミー賞で最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrakeが、授賞式で行ったスピーチが物議を醸している。

グラミー賞でのパフォーマンスをKendrick LamarやDrake、Childish Gambinoなどが相次いで断る

いよいよ現地時間の2月10日に迫るグラミー賞の授賞式だが、ヒップホップアーティストが相次いで授与式でのパフォーマンスのオファーを断っていると伝えられている。

Kanye WestをディスしたJ. Coleの新曲“Middle Child”に対しPusha Tが警告を送る

今週水曜日にリリースされたJ. Coleの新曲“Middle Child”が波乱を呼んでいる。

クリスマスイヴに“Sicko Mode”と“Mo Bamba”を10時間聴き続けたYouTuber

“Sicko Mode”と“Mo Bamba”といえば2曲とも2018年を代表するバンガーであり、繰り返し聴いた人も多いのではないだろうか。

2018年にアメリカのストリーミングサービス上で再生された音楽の25%がヒップホップだったことが明らかに

2018年がヒップホップにとって重要な年であったことに異論はないだろう。Drakeがストリーミングサービスでの再生回数で様々な歴史的な記録を打ち立てたことも記憶に新しいが、昨年アメリカで再生された音楽の四分の一がヒップホップであったことが調査によって明らかになった。

Pusha-TがDrakeの『Scorpion』がグラミー賞の最優秀ラップアルバム部門にノミネートされていないことに「驚きはない」と語る

Pusha-Tが終結宣言を行い、一旦は落ち着いたとみられていたものの、先日のPushaのライブでの騒動など実は根が深いと思われるDrakeとのビーフ。特にPusha-TはDrakeのことが本当に気に食わないようだ。

DrakeがKanye Westの批判に対して自宅のセキュリティーを強化

TMZによると、DrakeがKanye Westとのビーフが過熱してきた事を受けて南カリフォルニアの自宅のセキュリティーを強化したそうだ。

DrakeとMigosのツアーの収益が約89億円だったことが明らかに

8月から11月までの3ヶ月間開催されていたDrakeとMigosによる「Aubrey & Three Migos Tour」が、今年最も収益を上げたツアーのトップ10入りを果たしたことが明らかになった。

DrakeがKodak Blackの『Dying to Live』を「ここ5年間で一番好きなアルバム」と絶賛

先週末にリリースされたKodak Blackの最新作『Dying to Live』をDrakeが絶賛していることが明らかとなった。

Kanye WestがTwitterでDrakeへの不満をぶちまける

Kanye WestとDrakeといえば、ともに楽曲を制作する間柄でありながら、ビーフとまではいかないまでも、度々お互いをディスするなど長きにわたり複雑な関係性が続いていることは有名な話だ。だが、今回はそうはいかないかもしれない。Kanyeが自身のTwitterでDrakeへの不満をぶちまけたのだ。

Meek MillがDrakeによるディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイル

長きに渡ったDrakeとのビーフを解消し、先週リリースした最新作『Championships』も話題となり絶好調のMeek Mill。そんな彼がHot 97の人気ラジオ番組「FUNK FLEX」に出演し、Drakeによる2015年のディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイルを披露した。

Drakeが今年SpotifyとApple Musicで最もストリーミングされたアーティストに

今年はDrakeの年だったということだろうか。SpotifyとApple Musicが今年、最もストリーミングされたアーティストを発表し、Drakeが2冠を達成するという快挙を成し遂げた。

Travis Scottの“Sicko Mode”が全米シングルチャートで1位に | Travisにとって初の快挙

今週月曜日、Travis Scottの“Sicko Mode”が全米シングルチャートで1位を獲得した。シングルで1位を記録したのはTravis Scottのキャリアで初めての快挙となる。
もっと見る