Chief Keefが現在のシーンに与えたインパクトを解説する動画が公開

デビュー以来現在のラップシーンに多大な影響を与え続けているシカゴのラッパーChief Keefを特集したビデオがGeniusにて公開された。

Chief Keefがホログラムでツアーを行う予定

Chief Keefといえば、アメリカ・シカゴを代表するラッパーの1人であり、これまで数々の警察沙汰を起こしてきたことは周知の事実であろう。そして、彼はその自身が起こした数々の警察沙汰のせいで、世界中の色々な街から出禁を食らっている。

6ix9ineがシカゴでホームレスになどに食料を支給しChief Keefなどを挑発

6ix9ineは、Chief Keefとその従兄弟のTadoeとのビーフをきっかけに、現在シカゴの多くのラッパーたちを敵に回してしまっている。そんな彼がいわばアウェーであるシカゴに乗り込んできた。

Chief KeefがNYのホテルで銃撃を受ける

現在6ix9ineとビーフ状態にあるChief Keefが、6ix9ineのホームグラウンドであるNYのホテルの前で銃撃を受けた。

6ix9ineが再びChief KeefとLil Reeseをディスしビーフの再開を嘆く

先日ニューシングル”TATI”をリリースし、無免許運転で逮捕されるなどのトラブルはあったもののここ二週間は他のラッパーとのビーフが話題に上らなかった6ix9ineだが、どうやらその平穏も終わってしまったようだ。

Trippie ReddがChief KeefとTadoeをフィーチャーした6ix9ineへのディス曲"I Kill People"をプレビュー

6ix9ineとTrippie Reddの間でのビーフは、先日Trippie Reddが6ix9ineの音源売り上げから10%のロイヤリティーを得ていると主張し、真っ向から6ix9ineが反論するなど激しさを増している。

Chief Keefがマンブルラップの発明者だと主張する

現在アトランタのT.I.とGucci Maneという両ベテランアーティストが、どちらがトラップミュージックを発明したかで、熾烈な争いを繰り広げている。

Chief KeefとMike Will Made-Itがケンダル・ジェンナーにラッパーになることを勧める

現在ラッパーになるハードルは下がっており、Bhad BarbieやRich ChiggaなどSNSで話題の人物などがラッパーになり成功を収めるパターンは数多くなっているが、もし大人気モデルのケンダル・ジェンナーがラッパーになったとしたらどうだろうか?

ラッパーのFredo Santanaが27歳で死去 | 自宅で倒れているのが発見される

シカゴ生まれのラッパーで従兄弟のChief Keefなどと共に、いわゆるドリルシーンを作り上げたFredo Santanaが死去した。27歳だった。

Chief Keefがマリファナを吸いながらSnoop Doggのインタビューに答えるムービー | 「おれは変な奴なんだ」

Snoop Doggが司会をつとめ、ゲストと一緒にマリファナを吸いながらトークをおこなうGGN Hood Newsの最新エピソードにChief Keefが登場した。

A$AP Rockyが『Cozy Tapes Vol. 2』に収録予定のPlayboi CartiとChief Keefとのコラボ曲をプレビュー

A$AP Mobのコンピレーション『Cozy Tapes Vol. 2』は、今週金曜日8/25にリリースされる。

Travis Scottが南アフリカの子どもたちにChief Keefと勘違いされる | 追記Travis Scottは完全否定

Travis Scottは現在開催している『Bird’s Eye View tour』で南アフリカのヨハネスブルグに滞在した際、近隣の街を訪問し子供達に熱烈な歓迎を受けた。

「Ayy」というフロウがどうやってヒップホップでトレンドになったのかを明かすムービー

歌詞サイトのGeniusが1本の興味深いムービーを公開した。それはいわゆるマンブルラッパーと言われる若手たちが、多用する「Ayy」というフロウが、どうやってヒップホップに広まっていったかというものだ。

Chief Keefが「新世代のラッパーに影響を与えたのは自分だ」と語る

昨年はほぼ沈黙を守り続けてきたChief Keefだが、今年はミックステープ『Two Zero One Seven』や、まさかのダンスホールチューンで驚かせてくれた “Can You Be My Friend"など精力的なリリースを続けている。

FNMNL編集部が選ぶ1月のベスト6リリース

早いもので、もう2017年最初の一ヶ月が過ぎた。1月から様々な音楽ニュースが飛び交ったが、今月のビッグトピックといえばMigosのアルバム『CULTURE』のリリースだろうか。様々な要因があったとはいえ、このアトランタの特異なラップトリオのアルバムがこれほどまでに待望されるとは、にわかには信じがたい。日本にいるからわからないだけかもしれないが、知人と何度「Migosが売れてるのって、信じられないよね」という会話をしたかわからない。
もっと見る