Travis Scottによる遊園地が地元ヒューストンに建設予定か

昨年を代表するアルバムの1つ『AstroWorld』を発表してからというもの、スーパーボウルハーフタイムショーに出演するなど現代を代表するラッパーとしての地位をますます確固たるものにしつつあるTravis Scott。そんな彼は今、そのアルバムを引っさげたAstroWorld Tourの真っ最中なのだが、以前には観覧車をステージに登場させるなどアルバムのジャケットにもある遊園地をモチーフにしたような演出が話題を呼んでいた。そして、今回本当にTravisによる遊園地が実現してしまうかもしれない。

現地時間2月13日(水)、Travisの地元ヒューストンで行われた彼のライブにヒューストン市長がサプライズで登場。ヒューストンにアミューズメントパークを建設するという衝撃の宣言をし、観客達を湧かせている。


「彼のおかげで、我々はもう一つのアミューズメントパークをこの街に持ち帰りたくなった」と市長のSylvester Turnerは述べた後、ヒューストンに多大な貢献をしてくれたとしてTravisに市の鍵を授与したとのこと。

このテーマパークをヒューストンに建設するという計画はTravisによる発案らしく、KHOU 11 Newsによると彼は現在、民間事業としてそのアミューズメントパークを運営するために、設計と建設に対して投資してくれそうな投資家達にはたらきかけることにより、市長を支援しているそう。

「これは都市計画にはならないだろうが、民間資金の利用や開発者の動きを促進することになるだろう」とTurner市長の秘書は述べるとともに「市長のTurnerは完全にその計画を支持しています」と街全体をあげてこの計画を進めていく意向を示している。

ちなみに今回、Travisはヒューストンから市の鍵をもらったわけだが、実は彼は昨年の2月にミズーリ州からも市の鍵を授与されている。

さらにAstroWorld Tourが始まった昨年の11月18日は、ヒューストン市が公式に“AstroWorld Day”と名付けておりTravisがどれだけヒューストンに貢献してきたかがうかがえる。


この事を受け、彼は自身のTwitterで「この街で俺の日が出来たぜ!!!」と喜びを露わにしていた。

このようにヒューストンとTravisはまるで相思相愛のような関係性になっているわけだが、遊園地はどのようなものになるのだろうか。完成したら是非行ってみたいものだ。

RELATED

NasがTravis Scottとの対談で「長く続けることが偉大になる秘訣だ」とアドバイス

昨年リリースされたアルバム『Astroworld』でまさしく当代随一のアーティストとなったTravis Scott。そんな彼に、伝説的なラッパーであるNasがアドバイスを行なっている。

Travis Scottの“Sicko Mode”が初登場から32週間連続全米シングルチャートトップ10に残り続け新記録を樹立

昨年を代表するアルバムとなったTravis Scottの『Astroworld』。中でもDrakeをフィーチャーした“Sicko Mode”はかなりの人気曲となり、昨年の12月に全米シングルチャートで1位を獲得。そんな“Sicko Mode”が、チャートトップ10に入ってから32週間が経過した現在もトップ10に残り続ける記録を打ち立てた。

Travis Scottがコンサート中に恋人のKylie Jennerに愛を叫ぶ

先日には“Baby Shark”にノリノリだったTravis Scottだが、その後瞬く間に窮地に立たされてしまった。事の発端はKylie Jennerの親友であったモデルのJordyn Woodsが、Kylieの姉であるChloe Kardashianの恋人(当時)でNBAプレイヤーのTristan Thompsonと浮気したという疑惑が浮上したことだ。この事で疑心暗鬼になったのか、Kylieは自身の恋人であるTravisに「浮気の証拠を掴んだ」と疑いの目を向けたのである。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。