【ミニインタビュー】Gradis Nice & DJ Scratch Nice 『TWICE AS NICE』

2019年2月6日、アルバム「TWICE AS NICE」をリリースするプロデューサーGRADIS NICEとDJ SCRATCH NICE。プロデューサー名義のアルバムはいつだって最高にHIP HOPだと思う。言葉が少ないのが彼等らしい。そこも含めてTWICE AS NICEのワールドをFEELすることの出来るショートインタビューをお届けします。

取材 : COTTON DOPE (WDsounds)

- このアルバムで最初に作った曲と最後に作った曲を教えてください。またこのアルバムを作ろうと思った経緯を教えてください。

Gradis Nice & DJ Scratch Nice - 最初に作った曲はトラックは"DAYS"だと思います。ただ全部同時期くらいに作っててほぼ三年前くらいのトラックです。この時期に遊んでる時にノリで作ってて気がついたらセッションが100個くらいになっててこれなら出した方がいいかなという経緯です。

Gradis Nice

- 二人ともラッパーと 1ON1な組み合わせでの作品をリリースしてますが、それと今回の作品の違いはなんだと感じてますか?

Gradis Nice & DJ Scratch Nice - いつも通りです。

- 最近のそれぞれのプロデュースした楽曲でお気に入りのものを教えてください。

Gradis Nice - Febb & Gradis Nice - 『L.O.C』

DJ Scratch Nice - 仙人掌 -『Boy Meets World』

- 1曲ごとにスキットが入る構成をすごく印象的に感じました。これは最初から考えていましたか?アートワークの見せ方も含めてすごく印象に残りました。

Gradis Nice & DJ Scratch Nice - これはGradis Niceのアイディアで結構前からこれ言ってましたアートワークはToya Horiuchiにお願いして、いつもいい感じにしてくれます。

DJ Scratch Nice

- このアルバムの中におけるビートの役割とは?

Gradis Nice & DJ Scratch Nice - ビートがなかったらアカペラになってしまうので必要だと思います。

- ビートの中における二人の役割とは?

Gradis Nice & DJ Scratch Nice - 曲によります、上ネタ組んで交代したりドラムだけ組んで任せたり。楽器足したり。役割というのは無いです。

- ビートメーカーのアルバムってヒップホップの重要なものだと自分は感じます。二人のフェイバリットなビートメーカーのアルバムを教えてください。

Gradis Nice - Madlibのアルバム。

DJ Scratch Nice - Alchemistのアルバム。

- 今作品に参加しているラッパーのチョイスはどのように進めましたか?

Gradis Nice & DJ Scratch Nice - 今回は自分たちの周りにいる人達で固めました。

- この作品が完成したと思ったのはいつですか?

Gradis Nice & DJ Scratch Nice -  先月くらいです。

Info

アーティスト : GRADIS NICE & DJ SCRATCH NICE
タイトル : Twice As Nice
発売日 : 2019年2月6日 LABEL : TWICE AS NICE
品番 : GNSN001 価格 : ¥2500 ( 税抜 ) / ¥2700 ( 税込 )
トラックリスト :
the universe
Days / Bes ,Issugi
Interlude 1
24/7 / Kid Fresino
Interlude 2
Chef Style Heaven’s Door / C.O.S.A.
Interlude 3
Paper Plane / 仙人掌
Interlude 4
No Title / BD
Interlude 5
Blue moon / Issugi, JJJ
Interlude 6
It’s Alright / Issugi,仙人掌

All Produced By Gradis Nice And DJ Scratch Nice

RELATED

【インタビュー】Miki Tsutsumi│H.E.R.を手がけたエンジニアが語る仕事術とルーツ

H.E.R.の音楽は、もう聴いただろうか?デビューして2年と少しで、第61 回グラミー賞で最優秀アルバム賞と最優秀新人賞の主要4部門を筆頭に、最優秀R&Bアルバム賞、最優秀R&Bソング賞(“Focus”)や最優秀R&Bパフォーマンス賞(“Best Part”)、と5部門でノミネートされ、見事最優秀R&Bアルバム賞と最優秀R&Bでパフォーマンス賞を受賞した、大注目のシンガーソングライターだ。大舞台で透明なギターをかき鳴らして、“Hard Place”を歌い上げた彼女はまだ21歳。変わったアーティスト名は「彼女」という意味ではなく、Having Everything Revealed(すべてを解き明かす)のアクロニムだ。

【インタビュー】Sean Miyashiro | 88risingの作る「アジア」と日本との距離

Keith ApeやKOHHらの名を世界に知らしめ、アジアのヒップホップが世界的な注目を集めるきっかけとなった“It G Ma”のバイラルヒットに始まり、Higher Brothers、Rich Brian、Jojiのような人気アーティストを次々と送り出している88rising。今年の1月にZepp Tokyoにて開催された彼らのショーケースに伴い、CEOのSean Miyashiroにインタビューすることが出来た。

【インタビュー】Denzel Curry│進化するSuper Saiyan

マイアミ出身の23歳のラッパーDEnzel Curry。インターネットのアンダーグラウンドシーンからキャリアをスタートし、“Ultimate”などのヒット曲で知られる彼はテクニカルなラップ、そして求道者的なアティチュードで熱狂的な支持を集めている。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。