Kanye WestがRoc-A-Fella RecordsとEMIに対して訴訟を起こしたことが明らかに

現在はG.O.O.D. Musicのオーナーとして知られているKanye Westが、以前在籍いていたレーベルRoc-A-Fella RecordsとEMI April Musicに対して訴訟を起こしていることが明らかになった。

TMZは、Kanye Westが先週金曜日にRoc-A-Fella Recordsに対する2件の訴訟を起こしたと報じている。以前KanyeはRoc-A-Fellaと独占契約を結んでいたが、彼によるとその際に未払金が発生しており、その支払いを訴訟を通じて要求しているようだ。ちなみにRoc-A-Fellaは以前Jay-Zが所有していたレーベルとして広く知られているが、Jay-Zは同社に関する権利を既に売却しているため、今回の訴訟にJay-Zが関わることは無いようだ。

さらにKanyeはEMIに対しても訴訟を起こし、デビューアルバム『Collage Dropout』リリース以前である2003年にEMIと結んだ契約に基づいて2011年末にレーベルに渡した200曲以上の楽曲の権利を返還するよう要求しているという。

現在日本の繊維企業である東紀繊維との間に生地の料金の未払いを巡る訴訟を抱えているKanyeだが、その間にも自ら別の訴訟を発生させていたとは驚きである。訴訟大国のアメリカならではの感覚と言えるが、これだけのトラブルを全て解決することは出来るのだろうか?

RELATED

Jay-Zのアルバム『The Blueprint』が今年の永久保存音楽作品の1つとして選ばれアメリカ議会図書館に所蔵される見込み

Jay-Zが2001年にリリースしたアルバム『The Blueprint』といえば、言わずと知れたクラシックとして、現在も多くのヒップホップヘッズに聞かれ続けている名盤の1つだ。そんな中、現地時間の今週水曜日、アメリカ議会図書館が文化的、歴史的に重要だとして毎年発表する25個の永久保存音楽作品の内の1つにその『The Blueprint』が選ばれた。

Kanye Westのエンジニアが「『Yandhi』は女性をエンパワメントするアルバム」と語る

昨年よりリリースが予告されているKanye Westの最新アルバム『Yandhi』。未だにアルバムの詳細は明らかになっていなかったが、Kanyeのエンジニアが同作について興味深いことを語っていたようだ。

Kanye WestとKid Cudiが『KIDS SEE GHOSTS』でのサンプリングが原因で訴えられる

昨年、Kanye WestとKid Cudiの二人によってリリースされたアルバム『KIDS SEE GHOSTS』。高い評価を受けた同作だが、その内の一曲でサンプリングされているフレーズが訴訟の原因となってしまったようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。