ファンによってPost Maloneの古いSoundCloudアカウントが発見される

現代のヒップホップシーンにおいて語るにあたり、欠かせないのがSoundCloudから成り上がったラッパー、いわゆるSoundCloudラッパーだ。SmokepurppJuice WRLDなど今ではシーンの中心を担うラッパーの多くがSoundCloud出身である。

そんな中、今回、意外なラッパーの古いSoundCloudアカウントがファンによって発見された。そのラッパーとはPost Maloneだ。彼は今ではシーンきっての人気ラッパーなわけだが、そのきっかけとなったのが彼がSoundCloudにて発表した“White Iverson”である。だが、他のSoundCloudラッパーに比べると、彼とSoundCloudの繋がりは薄いと思われた。しかし、今回、彼のファンによって発見されたアカウントにおいて彼はAustin Richardという名義でカヴァー曲やオリジナルの楽曲をアップロードしていたのだ。

現在の彼の楽曲といえば、丁度ラップとポップの中間と言うこともできる、歌うようなラップとエモーショナルなビートが特徴的だが、この頃からその面影を垣間見ることが出来る。これらの楽曲は今から7年前の2012年に発表されたものだが、その頃彼はまだ17歳である。幼い頃の彼はラップよりもロックやメタルを敬愛していたのだが、これらの楽曲を聞く限りだと、どうやら彼はこの頃からラップを意識し始めたようだ。

彼の場合、先述したSoundCloudラッパーのようにSoundCloudから今の地位を築きあげたとは言えないかもしれないが、この楽曲達が今のPost Maloneに少なからず影響を与えたのは間違いないだろう。

なぜ彼がこのアカウントをこれまで消去せずに残しておいたのかは気になるところだが、見つかってしまった今、彼が速攻このアカウントを消してしまう可能性も否めない。彼のファンであるならば、急いで聞くことをおすすめする。

RELATED

Rita OraのPost Maloneの仮装の写真がPost Malone本人として記事に使われる

昨年のハロウィンも、セレブ達がクオリティの高い仮装を披露し非常に盛り上がったのは記憶に新しいところだが、その中でも一際目立ったのがRita OraのPost Maloneの仮装である。

Post Maloneが「もはやジャンルは存在しない」と語る

ヒップホップ、トラップやオルタナティブロックなど様々なジャンルが融合したようなスタイルで確固たる人気を築いているPost Malone。大ヒットアルバム『beerbongs & bentleys』がグラミー賞2019のラップアルバム部門の候補から外れたように彼の音楽のジャンル分けはしばしば議論の対象になるが、そんな彼が「音楽ジャンル」という物に対する持論をHITS Daily Doubleのインタビューにて語っている。

Post Maloneのアルバム『Beerbongs & Bentleys』がグラミー賞のラップアルバム部門ではなくポップ部門にノミネートか

すでに候補の選出が始まっているグラミー賞2019。今回のグラミーは新しく改訂されたルールの下で選出が行われるということが伝えられているが、そこでPost Maloneの大ヒット作『Beerbongs & Bentleys』のジャンル分けが議論の対象となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。