Travis Scottがスーパーボウルハーフタイムショーに出演する条件としてNFLにチャリティーへの参加を要求

何かと物議を醸している今年度のスーパーボウルハーフタイムショーに、Travis Scottの出演が決定している。Travis Scottの出演は昨年の12月頃にアナウンスされており、Jay-Zによって出演をキャンセルするよう説得が行われたことも話題となっていた。最終的にTravis Scottは出演に同意したようだが、その条件としてNFLに社会貢献への参加を呼びかけているようだ。

Billboardによると、Travis ScottはNFLに社会正義のために活動している団体への寄付を出演の条件として提示し、「Dream Corps」という団体に50万ドル(約5400万円)の寄付をNFLと共同で行ったという。彼は寄付に伴う声明の中で「自分が信じていることに基づいて行動する人のことは、誰でも支持している。アーティストであるということは、人々をインスパイアする力を持つということだ。だからスーパーボウルのオファーを受ける前に、NFLと提携して寄付を行うことにした。俺はDream Corpsをサポートすることに誇りを持っている」と語っている。

人種差別に抗議したコリン・キャパニック選手の待遇を巡ってNFLは多くのアーティストから批判を浴びており、RihannaやCardi Bがオファーをキャンセルしたほか、既に出演が決定しているMaroon 5の降板を望むファンによる署名も行われていた。しかしTravis Scottの対応は他のどのアーティストとも異なり、自分に与えられた機会を活用して前に進んでいこうという意志を感じさせるものだ。まさにTravis Scottらしい行動と言える。

Maroon 5とTravis Scottによるハーフタイムショーのパフォーマンスはどのようなものになるのだろうか?今から目が離せない。

RELATED

NasがTravis Scottとの対談で「長く続けることが偉大になる秘訣だ」とアドバイス

昨年リリースされたアルバム『Astroworld』でまさしく当代随一のアーティストとなったTravis Scott。そんな彼に、伝説的なラッパーであるNasがアドバイスを行なっている。

Travis Scottの“Sicko Mode”が初登場から32週間連続全米シングルチャートトップ10に残り続け新記録を樹立

昨年を代表するアルバムとなったTravis Scottの『Astroworld』。中でもDrakeをフィーチャーした“Sicko Mode”はかなりの人気曲となり、昨年の12月に全米シングルチャートで1位を獲得。そんな“Sicko Mode”が、チャートトップ10に入ってから32週間が経過した現在もトップ10に残り続ける記録を打ち立てた。

Travis Scottがコンサート中に恋人のKylie Jennerに愛を叫ぶ

先日には“Baby Shark”にノリノリだったTravis Scottだが、その後瞬く間に窮地に立たされてしまった。事の発端はKylie Jennerの親友であったモデルのJordyn Woodsが、Kylieの姉であるChloe Kardashianの恋人(当時)でNBAプレイヤーのTristan Thompsonと浮気したという疑惑が浮上したことだ。この事で疑心暗鬼になったのか、Kylieは自身の恋人であるTravisに「浮気の証拠を掴んだ」と疑いの目を向けたのである。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。