Kanye WestがCoachellaの会場に巨大なドームの建設を要求しヘッドライナーを外される

先日発表されたアメリカ最大級の音楽フェスCoachellaのラインナップ。ヘッドライナーにはChildish Gambino、Tame Impala、Ariana Grandeの三人が発表されているが、当初ヘッドライナーにはKanye Westが予定されていた。今回、Coachallaの共同創設者であるPaul TollettがKanye Westの降板の理由を明かしている。

Billboardが報じるところによると、Kanye WestはCoachellaのメインステージでパフォーマンスすることを拒み、フェス会場の真ん中に自身がパフォーマンスするための巨大なドームを建設するよう要求したという。Coachellaが開催されるまでの残り4ヶ月間でドームを建設することは当然不可能であり、さらにドームを建てた場合会場の仮設トイレエリアを取り除かなくてはなってしまう。その旨を電話で伝えられたKanyeは機嫌を悪くし、「俺はクリエイティブなビジョンを持った芸術家だ。トイレのことについて話す時間は無い」と言い放ち電話を切ってしまったとのこと。

その後Tollettを始めとするCoachellaのチームはAriana Grandeにヘッドライナーをオファーしたため、Kanyeの出演とドームの建設が実現することは無くなってしまった。仮にKanyeの要求が通っていた場合、Coachellaが以前とは全く違った形になっていたことは間違いないだろう。

こうして今年も無事に開催されることとなったCoachellaだが、Kanye Westの代わりにヘッドライナーを務めるAriana Grandeはどのようなステージを見せてくれるのだろうか?

RELATED

Kanye Westのエンジニアが「『Yandhi』は女性をエンパワメントするアルバム」と語る

昨年よりリリースが予告されているKanye Westの最新アルバム『Yandhi』。未だにアルバムの詳細は明らかになっていなかったが、Kanyeのエンジニアが同作について興味深いことを語っていたようだ。

Kanye WestとKid Cudiが『KIDS SEE GHOSTS』でのサンプリングが原因で訴えられる

昨年、Kanye WestとKid Cudiの二人によってリリースされたアルバム『KIDS SEE GHOSTS』。高い評価を受けた同作だが、その内の一曲でサンプリングされているフレーズが訴訟の原因となってしまったようだ。

Kanye WestがEMIとの契約で音楽活動からのの引退を禁止されていたことが明らかに

かつての所属レーベルであるEMI相手に訴訟を起こしていることが報じられているKanye West。既に契約を満了しているにも関わらずEMIから作品を発表しなければならない状況に置かれている彼が、かつての同レーベルとの契約によって音楽活動の引退を禁止されていることが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。