Futureが「2018年は疲れて活動の勢いが落ちた」と明かす

Zaytovenとのアルバム『Beast Mode 2』やJuice WRLDとの『WRLD ON DRUGS』などの作品をリリースし、昨年もさすがの存在感を発揮し続けたFuture。しかし本人にとって2018年は「今までよりも静かな年」だったそうで、活動の勢いが落ちてしまった理由を語っている。

Zane Loweによるインタビューの最中、Futureは「2018年、俺は何もしたくなかったんだ。みんな俺に何かやらせたがるけど、ただ...もう沢山やったと思う」と、活動に対する意欲が落ちていたことを明かした。「5年間もツアーに出ていて、家に帰るチャンスも無かった。ヨーロッパツアー、オーストラリアツアー、4、5個のツアーで世界中を回った。ツアーから帰って来て、2週間でまた別のツアーに出るんだ」と語る通り、あまりのハードスケジュールにさしものFutureも疲れてしまったようだ。

しかし、昨年はリフレッシュする機会も得られたようで「休みを取るチャンスが無かった。どこにも行けなかったから、2018年は初めてどこか違う所へ行って、違うことを試して新しい経験を得た。家に二週間以上いたりな」と、旅行に行って羽を休めることが出来たとも明かしている。

そんなFutureは、間も無く最新作『The WIZRD』をリリース予定だ。2019年のFutureが最初に発表するアルバムは一体どのような作品になっているのだろうか?

RELATED

Futureの最新作『Future Hndrxx Presents: The WIZRD』がリリース

Zaytovenとの『Beast Mode 2』そしてJuice WRLDとの『WRLD ON DRUGS』に続くFutureソロでの待望のニューアルバム『The WIZRD』が今日リリースされた。

Futureがリーンをやめたことを「誰にも話したくない」と語る

ラッパーにとってリーンをやめることは難しい。Playboi Cartiが「SNSでリーンをやめたと宣言することはダサい」と発言していたように、一度リーンを辞めたと公表しても時間が経つとまたリーンに走ってしまうラッパーも少なくない。そんな中、最新作『The WZRD』のリリースを控えており、リーンをテーマにした楽曲を数多く作ってきたFutureがリーンをやめることについて語っている。

FutureがR. Kellyの騒動について「みんなが関心を持ちすぎている」と語る

性的暴行を告発するドキュメンタリー『Surviving R. Kelly』の放送をきっかけに音楽シーンの内外に波紋を巻き起こしているR. Kelly。Chance The RapperやCommonなどのアーティストがこの件についてのコメントを発表する中、2012年の楽曲“Parachute”でR. Kellyとのコラボを行なった経験のあるFutureが前述の二人とはまた違った考え方を語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。