【フォト&ムービーレポート】大人から子供までが踊った『Erection-Block Party-』

自由が丘の伝統的なお祭り女神まつりの前夜祭名物となった『Erection-Block Party-』が昨年の10/6(土)に開催された。

ライヴでOzrosaurus、stillichimiyaというパワフルなアクトに加えて、メロウの達人鶴岡龍が登場。DJでDJ STYLISH a.k.a 鎮座DOPENESS 、HABANERO POSSE、SEX山口、shakke-n-wardaaが登場、ライヴペインティングにToyamegが参加したこのパーティ。

自由が丘のお祭りに溶け込むイベントらしく、普通のクラブイベントでは見ることの少ない子供連れの家族などの姿も多い。序盤のshakke-n-wardaaや久しぶりのHABANERO POSSEのDJ陣から鶴岡龍のメロウなライヴセットを経て、DJ STYLISH a.k.a 鎮座DOPENESSが自由なスタイルで熱をあげていき、stillichimiyaとOzrosaurusのライヴでは一気に熱狂的なフロアが作り上げられていった。

最後はSEX山口が来場者の子供とのコラボプレイも披露し、ピースフルに締めくくった。

FNMNLではこのパーティのアフタームービーとフォトレポートを公開、来場できなかった方はこのレポートで雰囲気だけでも感じてほしい。

Photo by Eri Nishi

Movie by Dai Sato

shakke-n-wardaa

 

HABANERO POSSE

鶴岡龍

DJ STYLISH a.k.a 鎮座DOPENESS

ZEN-LA-ROCKも飛び入り参加
Toyameg
Stillichimiya

Ozrosaurus

SEX山口

SEX山口のDJタイムには田我流が再びパフォーマンス
MAHBIEも登場

『Erection』の次のパーティは2/9(土)に福岡・Kieth Flack & selectaで遠征版として開催。こちらには思い出野郎AチームやCreativeDrugStore、『Erection-Block Party-』にも出演した鶴岡龍やshakke-n-wardaa、Toyamegもパフォーマンスを披露する。詳細は以下。

Info

【Erection in Fukuoka】

2019.02.09 (SAT)
OPEN 19:00~3:00予定
at Kieth Flack & selecta[MAGIC SQUARE BUILDING 1-4F]

■LIVE: CreativeDrugStore (BIM, in-d, VaVa, JUBEE, doooo, Heiyuu),思い出野郎Aチーム,鶴岡龍,STARTER, MONO SAFARI
■DJ: Shakke-N-Warrda, サモハンキンポー, SHOTA-LOW(ABOUT MUSIC), H.I.G.O, KUROKAWA, Kit-cut, 生焼売, BOLY, hassi, BURI, YMG, erithebass, RYOKO, Lo-p
■PAINT: Toyameg
and more

ADV: 3,500yen [LIMITED]
DAY: 4,000yen (共に1DRINK ORDER)

■TICKET INFO
<オンライン>
e+ (http://eplus.co.jp/sf/detail/2828370001-P0030001P021001)
LivePocket (http://t.livepocket.jp/e/erection-fuk-29)
LAWSON TICKET: L-CODE 81423 (https://l-tike.com/order/?gLcode=81423)
チケットぴあ: P139-762 (https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1862373&rlsCd=001&lotRlsCd=)

APPLE BUTTER STORE / FOOLS GOLD / NEU!ALBUM / PALM HOUSE / POP / SQUASH DAIMYO / SQUASH IMAIZUMI / STEREO COFFEE / STOCK ROOM / TRESOL / TICRO MARKET / TROOP RECORDS & 出演者, 会場より

主催: Erection (@erection_info #erection_ ) // さんどろん 協力: ABOUT MUSIC

KIETH FLACK
〒810-0073 福岡市中央区舞鶴1-8-28 マジックスクウェアビル1/2F
WEB http://www.kiethflack.net
E-MAIL information@kiethflack.net

 

RELATED

鶴岡龍の代表曲"KIMINOKO"が7インチでリリース決定

横浜生まれのムードにこだわる音楽作家で、生きる快楽レイドバック研究家の鶴岡龍による代表曲"KIMINOKO"が7インチでリリースされることになった。

MOCKYの来日ツアー初日はAhh! Folly Jet、鶴岡龍との3マン

2016年以来となる来日ツアーの開催を発表したMOCKY。WWW Xでの公演は坂本慎太郎とのツーマンでの開催となるが、ツアー初日3/20(水・祝前日)に開催されるLIQUIDROOMでの公演の詳細もアナウンスされた。

思い出野郎AチームやCreativeDrugStoreも出演する『Erection in Fukuoka』の出演者第2弾で鶴岡龍、Toyamegなどの出演が決定

思い出野郎AチームやCreativeDrugStoreなどの出演が発表され、大きな話題となっているパーティ『Erection in Fukuoka』の第2弾ラインナップがアナウンス。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。