1 of 2018 Selected by ミツメ

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画はアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらうもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、年は変わってしまいましたがそれぞれの2018年を振り返ってみては?

2/2に恵比寿LIQUIDROOMでイベント『WWMM』を開催するミツメの2018年は

2018年のミツメのベスト

『Quoridor』

コメント

ボーカルの川辺です。こんにちは。今年もよろしくお願いします。

ミツメでもお世話になっているプリントユニットのSQUEEGEEのちょっかんさんが

ボードゲームを集めていて、家に遊びに行ってやってからドはまりしたゲーム。

自分以外の3人を妨害しながら向かい側にたどりつくだけのゲームなんですが

抜け駆け、保身、結託、悪意などなど案外ドロドロした人間のやりとりが垣間見えて

スリルがたまらなく、夜通しやる日を作りたいくらいです。

仙台の友人にもおすすめしたらハマっていたので良かったです。

メンバーとも今度やりたいな考えているところです。

なかなか大人が4人集まってボードゲームをするのは難しいこの頃ですが

2019年も遊ぶ気持ちを忘れずに過ごせたらなと思っています。

面白いボードゲームがあったら教えてください!

告知

2019年2月2日に恵比寿LIQUIDROOMでWWMMを開催します。

[LIQUIDROOM] ミツメ / deca joins (Taiwan) / Lamp / スカート (特別編成)

[KATA] nakayaan band / Satoshi & Makoto / 水中図鑑 / Johnnivan

以上が出演者になっています。ミツメが毎年自信を持ってお送りする

イベント、是非遊びに来てください。詳細はこちら http://mitsume.me/wwmm/

ミツメ

2009年、東京にて結成。4人組のバンド。

2018年8月にシングル「セダン」をリリース。

国内のほか、インドネシア、中国、台湾、韓国、タイ、アメリカなど海外へもツアーを行い、活動の場を広げています。

オーソドックスなバンド編成ながら、各々が担当のパートにとらわれずに自由な楽曲を発表し続けています。

そのときの気分でいろいろなことにチャレンジしています。

RELATED

WWWによるアジアのインディシーンにフォーカスを当てた企画『In&Out』でフィリピンのMellow Fellowとミツメの2マンが開催

WWWによるアジアのインディーシーンのアーティストにフォーカスを当てたシリーズ『In&Out』が、6/5(水)に開催決定。今回は独学で音楽を学び、2011年にSoundCloud上で音楽活動をスタートさせたフィリピンはマニラのMellow Fellowが登場する。

ミツメがニューアルバム『Ghosts』のジャケット画像を公開│中国を含む14公演のツアーも発表

ミツメが3年ぶりにリリースするニューアルバム『Ghosts』のジャケット画像を公開した。

ミツメが"エスパー"や"セダン"を収録したニューアルバム『Ghosts』をリリースへ

タイと韓国でのフェス出演や、上海でのワンマンライブがソールドアウト、フジロックでも文句無しのパフォーマンスをみせたミツメ。 TVアニメへの楽曲提供、文芸誌への登場や、グッズがファッション誌に取り上げられるなどインディーシーンにいながら活躍の場を広げている彼らが、2016年の傑作アルバム『A L...

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。