『FLATTOP』がTom EllisやDr.Nishimura、Awano等を迎えWWWβで本日開催

2015年より様々なジャンル・形態のアーティストを招聘し都内の様々な場所で開催してきたFLATTOP。2019年最初のパーティーにはUKの名物フェスFreerotationのレジデントTom Ellis、悪魔の沼のDr.NishimuraとAwano等をゲストに迎え、1月12日(土に)WWWβで再スタートする。

今回は「蘆花」というタイトルのもとWWWβに"濁", “澄”という2つのフロアを設置。ダンスミュージックからニューウェイヴ、エクスペリメンタル、アンビエント等様々な音楽が生み出され互いに刷新されていくように、フリーフォームな音楽が流れる "濁 Floor" と、そこを通過した先に存在する "澄Floor" という名のダンスフロアが共鳴する。サウンドシステムを導入し、過去のFLATTOPでも共に空間を作ってきた"佐藤 円”が各フロアの空間を演出する。

また濁Floorには唯一無二の国産グルーヴで人々を底なし沼に誘う "悪魔の沼" からDr.NishimuraとAwanoが3時間セットで登場。また"AKIRAM EN" 率いるディープ・リスニング・イベントidealaのメンバーであり、自身でもsinktankというパーティーを主宰するwegotがライブを披露。そして浅草の秘密基地 "Sound Bar Pure's" を中心に活動するCHANCEや今回から新たにFLATTOPに加入した97年生まれのriku等が出演する。

次に澄FloorはUKのFreerotation Festivalのコアメンバーであり"In Modo Di”のレーベルオーナーであるTom Ellisを招聘。

また95年にDJとしてスタートを開始し、2001年には地元千葉でDJ NOBUらとハードコア・アンダーグラウンド・パーティー-FUTURE TERROR-を立ち上げを経て、現在-Lobustとlunchwithaddict-を主宰するRYOSUKEやFLATTOPのYELLOWUHURUが登場する。

チェー・タピオカによる告知動画も公開されている。

INFO

『FLATTOP presents “蘆花”』 at WWWβ

2019.1.12 Sat  23:30 start

Adv. ¥1,800 / Door ¥2,500 / under23 ¥1,500

Ticket : RA (*available in English)

Please show your photo ID at door to prove your age.

["澄" Floor]

Tom Ellis (Freerotation Festival / In Modo Di)

RYOSUKE

YELLOWUHURU (FLATTOP)

[“濁" Floor]

Dr. Nishimura + Awano (悪魔の沼) -3hours set-

wagot -live set-

CHANCE (SHUTTERCHANCE)

riku (FLATTOP)

Space Design (All Floor) : Hitoshi Sato

RELATED

OMSBやHi’Specなどが立ち上げたレーベルGHPDからYELLOWUHURUによるミックスCDがリリース

SIMI LABのOMSB、Hi’Spec、USOWAやYELLOWUHURUが立ち上げたレーベルGHPD。第一弾作品としてリリースされたOMSBのミックスCDに続き、YELLOWUHURUによるミックス作『T.3.T』がリリースされることになった。

8/29に代官山UNITで開催される『FLATTOP』にD.A.N.のDaigo SakuragiとB.Dの参加が決定

ジャンル / 世代を超えるをテーマにしたイベント『FLATTOP』が8/29に代官山UNITで開催される。矢部直とDJ QuietsrtormのユニットRIGHTEOUSやFlying RhythmsとVJのrokapenisによるコラボーレションライブ、OMSB & Hi’ SpecがUS...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。