FutureがR. Kellyの騒動について「みんなが関心を持ちすぎている」と語る

性的暴行を告発するドキュメンタリー『Surviving R. Kelly』の放送をきっかけに音楽シーンの内外に波紋を巻き起こしているR. Kelly。Chance The RapperCommonなどのアーティストがこの件についてのコメントを発表する中、2012年の楽曲“Parachute”でR. Kellyとのコラボを行なった経験のあるFutureが前述の二人とはまた違った考え方を語っている。

間も無くニューアルバム『The WIZRD』をリリース予定のFutureはPower 106のラジオ番組に出演。司会に「もう一度R. Kellyとレコーディングできるとしたらどうする?」と尋ねられた彼は「誰だそれ?もうみんな忘れたのかと思ってたよ」と返答。その後「俺たちは彼に注目しすぎているんだ。何かに過度な関心を寄せると、それは膨れ上がっていく。だから炎上したんだ。だから奴の音楽が奴にそうさせた。もしみんながそれについて話すのをやめれば、それは去っていくよ」と、大衆が過度な関心を寄せたことがR. Kellyの行動を増長させる原因になったという持論を展開した。「みんなが偽物の怒りを向けてるってこと?」という質問に対しては、「そうかどうかは分からないけど、ただその話題について語っている奴が多すぎる。音楽シーンの外側ではもう終わったことだろ」とのことだ。

実際のところ、『Surviving R. Kelly』の放送をきっかけに検察によるR. Kellyへの家宅捜索が始まったため、この問題への追求は終わったどころか本格的にスタートしたばかりという状況である。FutureのようにR. Kellyを巡る問題への正確な認識が出来ていないアーティストもシーンには存在するが、コミュニティのためにもR. Kellyの一刻も早い逮捕が望まれるだろう。

Futureへのインタビューの全編はこちらから観ることができる。

RELATED

Futureの最新作『Future Hndrxx Presents: The WIZRD』がリリース

Zaytovenとの『Beast Mode 2』そしてJuice WRLDとの『WRLD ON DRUGS』に続くFutureソロでの待望のニューアルバム『The WIZRD』が今日リリースされた。

Futureがリーンをやめたことを「誰にも話したくない」と語る

ラッパーにとってリーンをやめることは難しい。Playboi Cartiが「SNSでリーンをやめたと宣言することはダサい」と発言していたように、一度リーンを辞めたと公表しても時間が経つとまたリーンに走ってしまうラッパーも少なくない。そんな中、最新作『The WZRD』のリリースを控えており、リーンをテーマにした楽曲を数多く作ってきたFutureがリーンをやめることについて語っている。

A$AP RockyがR. Kellyの騒動について「彼は病気と戦っていかなきゃいけない」とコメント

性的暴行を告発するドキュメンタリー『Surviving R. Kelly』が放送されて以降、音楽業界の内外から強く批判を受けているR. Kelly。彼の音楽を聴くことをやめ業界から追放しようとするムーブメント「#MuteRKelly」も盛り上がりを見せる中、A$AP Rockyが独自の見方を示している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。