Cardi BとOffsetが復縁に向かう

昨年12月に破局が報道されたCardi BとOffsetの夫婦。Rolling Loudのステージ上での公開謝罪などが話題を呼んだ二人の痴話喧嘩も、いよいよ終結に向かっているのかもしれない。

TMZが伝えるところによると、二人は「日常的にコミュニケーションをとっている」とのことで、関係性が完全に冷え切った訳ではないのだという。彼らの友人によるとCardi Bは結婚指輪をつけていないそうだが、離婚に踏み切ることが出来ずOffsetとの会話の中で復縁に焦点を当てた相談を行なっているそうだ。

プエルトリコで二人仲良くジェットスキーに乗り、高額なクリスマスプレゼントを受け取るなど破局したとは思えない仲の良さを変わらず世界に発信している二人だが、Cardi Bが離婚宣言を取り下げる日はそう遠くないのかもしれない。

ヒップホップシーンを代表するビッグカップルには幸せな結末を迎えてほしいものだ。

RELATED

Cardi Bが自身のキャッチフレーズ「Okurrr!」を商標登録へ

Jay-Zならば「Hov!」、Lil Pumpならば「Eskeetit!」など今も昔も人気ラッパーは自身のトレードマークともいえるキャッチフレーズを持っていることが多い。また、そのキャッチフレーズはリスナーに自身を印象づける強力な武器にもなる。今では大人気フィメールラッパーとしての地位を確立したCardi Bも「Okurrr!」という特徴的なキャッチフレーズを持っているが、そんな彼女が「Okurrr!」を商標登録しようと動いているようだ。

Offsetがラジオインタビューで間違った質問をされ気まずい雰囲気に

アーティストのインタビューを行う人にとっては、間違った質問や余計な一言でアーティストの機嫌を損ねることは絶対に避けたいところだ。しかし今回、Offsetにインタビューしたラジオパーソナリティが初歩的なミスを犯したことで気まずいことになってしまったようだ。

Offsetが昨年起こした自動車事故について語る

ソロアルバム『FATHER OF 4』も好調なOffset。離婚騒動も一区切りつき安定した生活を送っている彼が、ラジオのインタビューで昨年起こした自動車事故について語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。