Chance The Rapperが自動車事故から1人の命を救う

2018年はあなたにとってどのような年だっただろうか。年末に家族や友人と2018年の思い出を振り返った人も多いことだろう。

そんな中、Chance The Rapperも2018年の思い出を自身のInstagramにてシェアしている。彼といえば、もちろんその音楽性は長らく評価されつづけているが、地元シカゴのメンタルヘルスサービスに寄付をするなど、昨年は彼自身の素晴らしい人間性が垣間見える出来事が多かった。

そして今回、彼が2018年1番の思い出としてシェアした出来事も彼の優しさ、勇敢さがうかがえるものだった。なんと、彼は燃える車の中から1人の男性の命を救ったというのだ。hotnewhiphopのInstagramアカウントで彼の投稿したストーリーがまとめられている。

事故が起きたのは去年の4月1日、アメリカではいわゆるイースターのお祭りが行われる日だ。Chanceはストーリーでこのように述べている。
「俺はいつものように教会に車で向かっていたんだ。湖のほとりを南に向かって走っていたら、別の車が俺の目の前の壁に時速90キロくらいのスピードで激突したんだよ。」と彼はその当時の状況を写真とともに振り返っている。
その後、Chanceは「事故が起きて、彼の車が燃えているとき、その場にいたのは俺1人だった。だから俺は無我夢中で車の窓を割って、彼のシートベルトを外し、車の外に出したんだ」と咄嗟に救助を行ったと述べた。
最終的に2人の人物が救助に加わり、Chanceが車に乗っていた人物を安全な場所に誘導するのを手助けしてくれたとのこと。その後、傷を負った人物は病院に運ばれたそうだが「実際、俺は彼が大丈夫なのか分からなかったから、もし彼が君の叔父か何かなら大丈夫だったのか知らせてくれ」と彼は呼びかけている。

その結果、彼の元にDMが届いたようで、Chanceは自身のTwitterにてこのように呟いている。


「ある少年が俺に、あれは俺の叔父で彼は生きているってDMをくれたよ!!」とChanceは語っているので、どうやら彼が助け出した男性は無事だったようだ。

Chanceの危険を顧みない行動は賞賛に値するものだ。2019年、ニューアルバムのリリースも期待されるChanceだが、今年は彼にとってどのような年になるだろうか。

RELATED

Chance The Rapperが支持を表明したAmara Enyiaのシカゴ市長選活動に40万ドルを寄付

昨年、現シカゴ市長Rahm Emanuelが辞意を明らかにしたことに対し、喜びを露わにするとともに次の市長選の立候補者Amara Enyia氏の支持を表明したChance The Rapper。

Chance The Rapperが『セサミストリート』に出演しクッキーモンスターとクッキーを奪い合う

アメリカの長寿子供向け番組『セサミストリート』にChance The Rapperが出演した。

Chance The RapperがR. Kellyと共に曲を作ったことを「間違いだった」と発言

昨年、自身のドキュメンタリーを製作するジャーナリストに暴行を加えたことが告発されていたR. Kelly。女性への性的暴行を行なった疑惑が複数回浮上する彼について、Chance The Rapperが「一緒に曲を作ったことを後悔している」と批判している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。