Trippie ReddがLil Uzi Vertとのコラボを熱望

今年のXXL Freshmanにも選出され、待望のデビューアルバム『Life's a Trip』をリリースするなど、飛躍の年となったTrippie Redd。これまでYoung ThugやTravis Scott、故XXXTentacionなどシーンの中心にいる様々なアーティストとのコラボを果たしてきた彼だが、そんな彼が次にコラボするのはLil Uzi Vertになるかもしれない。

Trippie Reddは木曜、自身のInstagramのストーリーにこのように投稿した。

Who want #trippieredd x #liluzivert on a song ?

DJ Akademiksさん(@akadmiks)がシェアした投稿 -

「俺はLil Uzi VertというGOATと一緒に曲を作りたい」と綴った彼はLil Uziの事をGOATと呼ぶ心酔っぷり。よほどLil Uziのことが好きなのがうかがえる。

リスナーからしてみれば、悪魔崇拝的という共通のスタイルをもつ両者がまだコラボしていないのは少し意外に思えるが、もしこの2人が本当にコラボを果たしたとすれば、その曲がダークでハードなものになるのは間違いないだろう。
来年のTrippie Reddの動きからも目が離せなさそうだ。

RELATED

Trippie ReddとSlim JxmmiがSNS上で激しくディスりあう

Trippie ReddとRae SremmurdのSlim JxmmiがSNS上で火花を散らしている。今回のディスり合いが始まったきっかけは、JxmmiがRae Stremmundが「終わった」と発言した事に、Trippieが冗談交じりに「ついにSwaeのパートしかみんな聴いてない事に気づいたか」と反応した事からだ。

引退宣言を行ったLil Uzi Vertがレーベルとの契約問題を抱えていることをほのめかす

先週末、突如として「活動を終了する」との宣言を行ったLil Uzi Vert。予告されていたアルバム『Eternal Atake』を心待ちにしていたファンにとっては衝撃的な発言だったが、引退を望む理由はレーベルとの契約問題だったのかもしれない。

Lil Uzi Vertが音楽活動の終了を宣言

昨日Lil Uzi Vertが突如自身のInstagramストーリーで音楽活動を終了することを宣言した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。