1 of 2018 Selected by MANON

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画ではアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらおうというもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、この企画をきっかけにそれぞれの2018年を振り返ってみては?

福岡出身・在住の高校2年生で、今年デビューアルバム『TEENAGE DIARY』をリリースしたMANONの2018年のチョイス。

MANONの2018年のMY TEENAGE DIARY

コメント

渋谷asiaでのワンマンライブを終えてワンマンについて話す機会がなかったので、ここで書かせてください。 (笑)
まずは、来てくださった皆さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
来てくださった方とはフォトブースで写真を撮ったり、おしゃべりしたり、その日は本当にもう人生のうちで一番人と接した気がするくらい。
人見知りだけど、それが本当にすごい楽しくて、インスタのストーリーも軽くパンクしました。 (笑)
でも、辛いことや悲しいことがあったときはストーリーのハイライトに載せてる自分のリリパのときのストーリーズを見ると、その日に戻れたような気がして元気になるから、心から楽しかったんだと思います。振り返ってみるとリリパを中心に今年は色んな方々に出会えた年でした。
曲のコラボ、ライブでは客演で出演してくれたNormcore Boyzのみんな、DJとして参加してくださったBACK TO SCHOOLさん、shakke-n-wardaaさん。
PROPのYa3iさんの福岡に持って帰りたくなるくらい可愛い過ぎるアート作品に囲まれて素敵な場所でライブができました。
そして、もちろんプロデューサーのYUPPAさんには本当に感謝でいっぱいです!
最高にファンシーな夜でした!高校生の間にこんな刺激的で楽しい経験ができたことは、きっと私が大人になってもこの経験が励みとなって色んなことにチャレンジしていけそうな気がします。

2019年の告知

来年は高校生活最後の1年なので勉強も頑張りつつ、今年の思い出を越えるくらいの楽しいことをやっていけたらなーと思います!
また、1月に下北沢でイベントを行うので、是非お越しください!
https://manon.asobisystem.com/lives/

MANON

次世代カルチャー・アイコンとして期待を集める、福岡出身・在住の高校2年生。
モデルとして活躍する傍ら、2017年よりアーティスト活動を開始。
YUPPA(HNC)プロデュースによるデビューアルバム『TEENAGE DIARY』には、
Kero Kero BonitoやRyan Hemsworth といった海外アクトも参加し、世界照準のJ-POPを提示してみせた。

RELATED

1 of 2018 Selected by ミツメ

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画はアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらうもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、年は変わってしまいましたがそれぞれの2018年を振り返ってみては?

1 of 2018 Selected by 思い出野郎Aチーム

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画はアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらうもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出す...

1 of 2018 Selected by 嫁入りランド

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画はアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらうもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、年は変わってしまいましたが、まだまだ各々の2018年を振り返ってみては?

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。