Cardi BがMaroon 5のスーパーボウルハーフタイムショーセットへの出演をキャンセルすることが明らかに

何かと物議を醸している来年のNFLスーパーボウルハーフタイムショー。出演が予定されているMaroon 5の降板を求める署名が集まり、また彼らがゲストアーティストのオファーに難航していることが報じられているが、大ヒット曲“Girls Like You”にフィーチャーされておりハーフタイムショーへの出演も見込まれていたCardi Bのキャンセルが公式にアナウンスされた。

Cardi BのスポークスマンがPage Sixにて発表した声明は「彼女はコリン・キャパニック選手を巡る運動に共感しているため、ハーフタイムショーに興味を抱いていません。オファーにはイエスともノーとも言っていませんが、その日は確かにBruno Marsとのライブに出演する予定が入っています」というもので、彼女が出演を実質キャンセルしていることが分かる。今回の騒動は人種差別に抗議し、国家斉唱の際不起立を行なったコリン・キャパニック選手がNFLによって自由契約にされたことを契機に始まったもので、Rihannaを始めハーフタイムショーのボイコットを発表しているアーティストはいずれもキャパニック選手の支持を発表している。そんな中出演しようとしているMaroon 5に非難の声が上がっている訳だが、やはりCardi Bも出演することは難しかったようだ。

アトランタにて開催予定の第53回スーパーボウル。ヒップホップアクトとしてはTravis Scottの参加がアナウンスされたが、Jay-ZやMeek Millなど多くのアーティストが彼のボイコットを望んでいる。

果たして、来年のハーフタイムショーにはMaroon 5が単独で出演することになるのだろうか?

RELATED

Travis Scottのハーフタイムショー出演をCommonが「出て欲しくなかった」と批判

人種差別への抗議活動を行ったNFL選手コリン・キャパニック選手への支持を表明したアーティストたちによってボイコットが行われた今年度のスーパーボウルハーフタイムショー。現在出演が決定しているのはMaroon 5とBig boi、そしてTravis Scottだが、Travis Scottの出演に対してCommonが持論を述べている。

トランプ政権によるアメリカ政府の一部閉鎖に対しCardi Bが抗議活動を呼びかける

現在アメリカでは、昨年末より歴史上最長の政府機関閉鎖が行われている。トランプ大統領の推し進めるメキシコとの国境に壁を建設する計画を巡った今回の閉鎖によって政府職員は一ヶ月もの間無給での生活を強いられており、首都ワシントンD.C.では連日デモが続く。そのような現状に対しCardi Bが抗議の声を上げ、ファンたちに行動を呼びかけていることが話題となっている。

Travis Scottがスーパーボウルハーフタイムショーに出演する条件としてNFLにチャリティーへの参加を要求

何かと物議を醸している今年度のスーパーボウルハーフタイムショーに、Travis Scottの出演が決定している。Travis Scottの出演は昨年の12月頃にアナウンスされており、Jay-Zによって出演をキャンセルするよう説得が行われたことも話題となっていた。最終的にTravis Scottは出演に同意したようだが、その条件としてNFLに社会貢献への参加を呼びかけているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。